Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

6月13日(154日目:113日目)

活動113日目。

朝、ホストにどストレートな質問。

「JICAから私に電話が来て、ホストが引越しの話をJICAにして来たって言われたんだけど、なぜ引越しの件を私に直接言わないの?」って。

そしたらカチンと来たのか、気を荒げながらまくし立てて色々と言ってきた。

で、「私の言ってる事理解出来た?」って。

先ず感じた事、沸点低い。

回りくどい言い回しがインテリだと思ってる人にどストレートな質問をぶつけるとこういうリアクションになるんだろうとは思ってたけど、案の定。

でも私には回りくどい言い回しは出来ないからどストレートに聞くしかないし、どストレートの方が誤解が生じ難いだろうと思う。

一気に話してきたから一語一句翻訳は無理だけど、言いたい事は分かった。

一言で分かりやすく要約すると「お金の事だからJICAと話した。」

分かりやすく一言で済む内容なのに話は長かった。

前提として、契約してるのはホストと私。

先ずは私に言って、それでラチがあかないならJICAに電話する流れなら理解出来るけど、何の話もしないでいきなりJICAに連絡するのは手順としてスマートではないと私は思う。

お互いに言いたい事を言い合っても後に引かないのがドミニカ人のいい所なのに、ホストの場合は後に引くから正直な意見を言ったら言っただけ今後の対応に気を使わなくてはならなくなるから思ってる事を迂闊に言えない。

こんな感じだけど、ホストにもナスはちゃんとあげました。


午前中、朝の挨拶ついでに先生達にナスをあげまくる。

1人三本を考えてたけど、もっとくれって言ってくる先生にはもうちょっとあげた。

学科長と秘書さんにも届けに行ったらオフィスには不在。

で、居場所を確認したら、隣のミーティングルーム的なフロアに大勢の人達と共に居た。

そこで行われる消化器の講習会に出席する為だとか。

私も出席していいとの事だったから、試しに出席してみた。

出火の火元の種類、消化器の種類とか使用方法と用途は日本と同じだから話してる内容は何となく連想。

解説後、外で消化体験。

何だかんだで約2時間は掛かってるので、午前中は講習会出席で保々終了。

ランチ前に朝会わなかった先生にナス配り。


ランチ。

どデカイサラダ付き。

全部食べたらカウンターパートは逆に驚いてた(笑)


午後は引越し物件探しの為の電話をする。

電話になると相手のペースで話されるから理解が追いつかない。

最近、話が良く理解出来ないくて迷走しそうな時は、理解出来ない事を伝えた上でこっちの言いたい事を言って、話の軸を自分よりにして、すり合わせしながら理解域を広げていく手法を使ってコミュニケーションしてみる事もやってる。

自分の意思表示をして、それに対するsí o noが判断出来れば少なからず話は進むし。


その後、実習見学。

ホンダCR-Vのウォーターポンプ交換。

機械科の先生の車。

先生は作業経過か心配になってちょこちょこ見にきてた。

W/P(中国製)の価格は1800ペソ(約4500円)らしい。

その隣でもホンダCR-VのATミッションのO/H。


ナスは55本持って行って、渡せたのは15名。

渡したくてもナス不足で渡せなかったのは5名。

一人平均3〜4本、いつももランチをご馳走してくれてるカウンターパートには8本。

喜んでもらえて良かった。

全てあげたので私の取り分は0本です。

また収穫お手伝い行く時はもうちょっともらって来よう(笑)


帰宅後、矯正歯科医院へ。

今日から金具付けるのかと思ってたけど、今日は下準備として歯の間にゴムのOリングを挟み込む作業。

上の右側に四箇所、左側には三箇所。

なぜ左右で数が違うのかを聞いたら、生え方に左右差があるから左右で調整が変わるらしい。

痛くはないけど、歯の間に無理矢理挟み込んでるので歯の圧迫感は常に感じてるし、咀嚼時に違和感ある。

人によっては、圧迫感と痛みを感じる人もいるらしい。

そして、来週月曜日にいよいよ金具取り付け。

最初は上の歯にだけ金具を付けるらしい。

支払い月数と施術月数の違いに関しては、途中の支払いを少しずつ増やしてもいいし、まとめてでもいいって事だったので、初回18000ペソ→20000ペソに。

でもレシートは18000ペソ。

2000ペソに関しては大丈夫との事たったけど、データ管理はしてるから最終的に払った払ってないで揉める事が発生しない事を願う。

キチンとした歯科医院だから大丈夫だと思うけど。

今日は金具取り付けで時間が掛かると思ってたけど、Oリング処置だけで施術が直ぐに終わったから、帰りに映画館でパイレーツオブカリビアンの上映時間の確認をしに行く。

1軒目は21:20〜。

その時18:00、開始が遅い。

近くのもう一軒へ。

18:30〜、21:30〜。

その時18:15。

思わずチケット即買いして、パイレーツオブカリビアン観賞。

スペイン語タイトルは「PIRATAS del CARIBE 」。

ドミ共来て初映画館。

平日料金は100ペソ(約250円)!

英語音声にスペイン語字幕。

本編開始前のCMがやたら長かった。

約15分位。

メインの映画の方は、英語で何言ってるのかも、スペイン語で何書いてあるのかも良く分からないままに観てたけど、面白かった!

字幕がもっと読めれば更に面白いんだろうと思う。

むしろスペイン語版の方が観たい。

ドミニカ人達はエンディングロールが流れ始めたら早々に帰って行く人が多くいたけど、私的にはエンディングロール後の展開が今後の伏線にもなって面白いと思う。

今回も「えっ⁉︎」ってなったし。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。