Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

9月9日(242日目:200日目)

週末土曜日。

避難解除でやっと帰れる日。

軽く朝食を済ませ、9時頃にホテルを出発。

地下鉄に乗りkm9へ。

10時発のバスに乗る。

エアコンが寒過ぎの為、パーカーを着てフードを被り寒さ対策をして、居眠りして過ごす。

サンティアゴに到着して家まで歩く。

周り見ながら歩いたけど、ハリケーンの被害は特に無さそうな感じ。

無茶苦茶暑い。

12:30頃に帰宅。

玄関を開けて自分の部屋の階段をおりたら、扉の前に敷いておいたマットが手摺りにかけられてた。

扉の前が水浸し。

「やっぱりかー」と思いながら扉を開けたら部屋の一部が水溜りになってた。

でも思ってたよりは水溜りが少なくて良かった。

とりあえずランチの米研ぎしてから、テーブルやソファーをズラしてモップで水溜りを吸い取り、水溜り部を洗剤使って軽くモップ掛け。

その後、隣りのコルマドに行ってボテジョンの水を買いに行くも、やっぱり届いてなかった。

コルマドのおばちゃんはハリケーン前も去った後もと何回も水探しに来る私に流石に苦笑い(笑)

近くのコルマドの一軒はお休み、もう一軒には水があったので購入。

ここの水は35ペソ、隣りのコルマドは30ペソ。

やっぱり隣りのコルマドは安い。

帰って荷物を開けて確認。

食べ物系沢山。

早速、箸を使って米を食す。

箸を使うと、米の味は同じでも気持ち的に違う(笑)

食後にシャワー浴びて身支度して、15:30前のグアグアでラベガへ。

グアグアても疲労で居眠り。

16時過ぎにラベガのjumboに到着。

差し入れのロン、ビール、お菓子を買って、シニア隊員さん宅へ。

後輩隊員がコーヒーの栽培とマーケティングの活動をするとの事なので、今夜はシニア隊員さん宅でシニア隊員さん、シニア隊員さんの知り合いのコーヒーの専門家、後輩隊員と私の4人で夕食会。

私はジャンル全く違うけど、明日の予定の関係と興味本意と食事会のお手伝い的な?

夕食はシチュー、ジャポニカ米、サラダ。

シニア隊員さんの作る料理は安定の美味しさ。

そして、専門家さんのコーヒーの話を一緒に聞く。

栽培、焙煎、ドリップ、マーケティング等々。

専門家だけに内容は深い。

でも、とても聞き取りやすく話をしてくれてた。

聞き取りやすいのと、内容を理解出来るかは、別問題だけど。

食事会を終え、3人でデザートを食べ、ロンを飲みながらお喋り。

そしてそのままシニア隊員さんの家に宿泊。

明日は3人でハラバコアへ。


①サンティアゴも自分の部屋も大きな被害が無くて良かった。

②避難生活という貴重な体験が出来た。

③コーヒー専門家の話を聞く貴重な体験が出来た。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。