Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

9月14日(247日目:205日目)

活動205日目。

午前中、昨夜ネットで調べて見つけた中古プロジェクターを改めて調べよう思って再度検索してみる。

そしたらもう誰かが注文したみたいで在庫無くなってた。

新品価格5万円のプロジェクターが中古で2万円とかなり安くなってたらから狙ってたのに残念。

なので、配属先に貸し出ししてもらえるプロジェクターがあるか確認しに行く。

学科長の秘書さんが長期休暇で居ないので、代理してる方に聞いてみた。

どうやら貸し出し可能なのはあるらしい。

貸し出し可能時間枠は10時~12時、14時~16時。

時間枠が微妙だけど、借りられるだけまし。

借りる際は前日までに申し出が必要との事。

現物は見れなかったからコンディションはわからないけど、とりあえずはそれを借りる事にしよう。

その後、学科長と話し、月末にJICA調整員さんが来る時のアポの確認。

前回の話で日程は把握してるけど、JICAからのアポの連絡が無いとアポとして確定されないとか何とか。

必要の無い様な手間ほどこだわる組織だな。

で、その事を調整員さんに連絡。


ランチ。

食後はのんびり。

その後、歯を磨きにトイレに行き、事務所の階段を登る。

そしたら背後から「ドスン」と鈍い音が2回。

後ろを振り返ってみたら、ココナッツが二つ落ちてきてた。

数秒の差で死ぬところだった(汗)

軽傷でも骨折だろうから、そしたら療養帰国されられるところだった。

事務所の階段の脇にはココナッツの木がある。

落ちてきたココナッツの一つは中が乾いてたけど、もう一つはココナッツジュースが入ってたから、たまたま近くで休んでた先生とコンパルティール(分け合った)して飲んだ。


午後、パワポ作り。


帰宅後、夕食の米研ぎして、日本語教室へ。

日本から送ってもらったホワイトボードノートが大活躍。

派遣前は、あったら便利だろうけど活動では使わなそうって思って持ってこなかったけど、日本語教室とか思ってなかった事があり、実際は持ってきた方が良かったアイテムの一つだった。

日本語教室後、隊員達と軽食。

帰宅後、準備してた夕食に火を掛ける。

生姜の炊き込みご飯。

疲労により夕食後直ぐに就寝。


①プロジェクター使えるのあるらしいから、とりあえずはじは切らなくて良さそう。

②危うく死にそうだったけど久しぶりにココナッツジュース飲めた。

③ホワイトボードノートで効率アップ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。