Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

9月17日(250日目:208日目)

週末日曜日。
9時頃に起床。
日焼けがヒリヒリで痛い。
とりあえず、PC開いて薬局検索。
近くに日曜日営業してる店発見したので早速行ってみる。
歩いて10~15分、スタッフにエタノールあるか聞いてみる。
残念な事にエタノールはおいてないらしい。
「隣りの病院にあるかもしれないから聞いてみて」って言われたけど、日曜日だから病院も休み。
仕方ないからエタノール洗浄は諦めよう。
日本だったらエタノールとか当たり前の様に売ってるけど、ドミニカ共和国には家庭治療でエタノール消毒したり洗浄したりする文化はないのか?


帰宅して、窓に網戸取り付けしようかと思って準備始めたけど、コンクリート用の釘が太いために枠に使う木が割れてしまうトラブル発生。


何となく予想してたけどやっぱり無理だった。
なので網戸取り付けは延期にして、洗濯。
その後、ランチ。


午後は掃除、今回は2時間位で終わった。
掃除後は15日のブログ書き、持ってきた型遅れの中古品デジカメを引っ張りだしてきて15日用の写真を改めて撮影。
念の為に持ってきたデジカメがこんなかたちで活用する事になるとは思っても見なかった。
慣れてない事もあり、使い難い。
PCに転送する方法も分らず、ネットで説明書ダウンロードして写真転送。
そんなこんなしてたら、もう18時。


夕食は納豆掛けご飯。


タレは付いてないのは残念だけど、からしが付いてるのはありがたい。
日付不明の冷凍納豆とドミニカ米だと正直微妙だけど、伝統的な日本食を堪能。


食後はコーヒー飲みながら昨日と今日のブログ書き。
iPhone無いとちょこちょこ携帯いじりがないので時間の無駄な浪費がなく済むけど、iPhoneにインストールしたスペイン語辞典が使えないとちょっと意味確認したい時に不便。
配属先でも伝えてたい単語や気になった事をその場で直ぐに調べられて便利だったけど、これからはタイムラグが発生しそう。
何より、ポケットWi-Fiのデータ通信量が確認出来ないのが不便。
JICA支給携帯にデータ通信量確認のアプリをインストールしようとしたら、支給携帯にはそのアプリが適合しないらしく、断念。
目覚ましアラームも電卓もiPhone使ってたし、かなり依存してたって改めて実感。
連絡に使ってるGmailのアカウントパスワードが分からなくて、照会先も積んでるから、支給携帯に移行させる事が出来なくて業務連絡も不便になりそう。
LINEもWhatsAppも使えない。
iPhoneは除湿剤と共にジップロックに入れて乾燥中。
奇跡の復活ならないかなー。


①近所に日曜日も営業してる薬局を発見出来てよかった。
②iPhone逝って新たな生活スタイルのスタート。
③不便な時ほど柔軟な考えと対応。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。