Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

9月23日(256日目:213日目)

週末土曜日;盆踊り大会。
今日は首都の日本語学校の盆踊り大会の参加の為に首都へ。
9:30のバスに乗り首都へ向かう。
途中、急に反対車線に侵入して対面走行し始めたから何かと思ったら、ハリケーンの影響で上り車線の橋が傾いて歪んでた。
かなり危険、壊れかけた橋だから復旧にはかなりの時間と予算が必要そう。


12時頃に到着して、連絡所に行く前に食料購入の為にスーパーへ。
外でアボガド売ってる人が居たから値段聞いたら1個50ペソ。
デカいザック背負ったアジア人だからぼったくる気かと思って、「高過ぎ。サンティアゴに住んでるけど、サンティアゴは同じサイズで20ペソだよ」って言ってやったら「サンティアゴは田舎だからだ!サントドミンゴは都会だから送料高いんだぞ!」とか色々とまくし立てながら突っかかってきて面倒くさい。
適当に流して行こうとしてもしつこく突っかかって来る、たまたま金持ちそうなおばちゃんが見に来たからそっちに気持ち移った瞬間にスーパー入店。
同じサイズのがスーパーで35ペソで売ってるのに路上販売の方が高いって本末転倒のアホでしょ。
外国人からはぼったくろうってスタンスが首都ではあからさまにな気がする。
買い物済ませて連絡所行って、先輩隊員さんと同期隊員の4人でランチ。
近所のパスタとピザ。

(写真は先輩隊員さんにお願いして撮ってもらいました。ピザの写真は撮り忘れ。)
美味しかったし、お喋りも楽しかった。
この先輩隊員さんは任期終了で帰国直前、先週一緒に海に行ったのが会うのは最後かと思ってから正直嬉しい。


その後、モールに行ってiPhoneの価格チェック。
ドミ共で信用出来そうなiPhoneショップで7の32GBが46800ペソ(約12万円)、128GBが55000ペソ(約14万円)、普通に高い。
ドミニカ共和国の所得でこの金額出せるのはよっぽどの見栄っ張りか金持ちだな。
6は在庫なし。
他の怪しい店だと新品って事でも実は新品じゃなかったりと怪しいものばかり、当然保証なんてものはない。
それでも新品は高すぎるから、どこかで怪しい中古品かうしかないな。
同期隊員の冬服探しもちょっとして(年末に任国外旅行でNYに行くらしい)、盆踊り大会会場の日本語学校へ。
17時開始だったけど雨が降ってきて、みんな雨宿りで様子見。
雨が弱くなってきた17:30過ぎにオープイングセレモニーがあり、盆踊り大会開始。
間もなく雨が止み、みんな踊ったり出店を回ったりと賑わう。
私は浴衣来て5円玉キーホルダーの販売。

日本にいた時は祭りとか殆ど行かなかったのに、ドミ共では浴衣来て売り子までしてしまってるふり幅のデカさ(笑)
私の右側では先輩のスポーツ隊員さんが毛糸の手編みアクセサリーとバルーンアートの販売、とても手先が器用で凄い。
活動にしても、手芸センスにしても、見習うべきところが沢山。

左側では後輩隊員さんが日本のアクセサリーや手ぬぐいの販売と、両脇の注目度が高いから、私は声を挙げなくても自然と私のも見てくれる流れで大助かり(笑)
各色を1個ずつ並べて、後はカラビナにひとまとめにして売れたらカラビナから外して補充いく流れにしたけど、1人で何個も買っててくれる人がいたり立て続けに売れたりと、想像以上にバカ売れで取り外しと会計で大忙し。

やはり、穴の開いたコインは珍しいし、日本のコイン、ご縁お守り、重ねて使う事でご縁が重なるって説明、家族や友達へのお土産、安い(25ペソ)って様々な理由で注目商品になり、94個作ってきた物が2時間弱で完売。
当初は半分位売れればいいかなって思ってて、何ならその場で色選んでもらって制作販売でもいいんじゃないかなって考えてたけど、それにしなくて良かった。
今回はドミニカ人の色の好みの傾向を知りたくてバリエーションを増やして各色の数は少ない在庫だったから、人気色は直ぐに売り切れて、後半は他に色は無いのって聞かれりもした。
今回ので傾向がわかったから、次回参加する時にはバリエーション減らして人気色の在庫を増やそう。
自分が手掛けたアクセサリーがドミニカ人に盆踊り大会の思い出の品として使ってもらえるのは嬉しい。
ちなみに、人気色は圧倒的に黒、薄く柔らかい印象の色よりも印象の強い色の方が好まれる傾向にありました。
途中、「彼氏にもあげたいんだけど何色がいいかな?」って相談されたけど、その時には既に強い色は売り切れててアドバイスに困った(汗)
残り30分位はフリーになる事が出来たから、日本の祭りの雰囲気を五感で楽しみました。

お好み焼き食べたかったけど売り切れてたから、代わりにチキンカレー。
ドミ共での盆踊り大会は日本でのお祭り以上に日本を味わえるイベントで楽しかった。
今回の売上2350ペソ(25ペソ×94個)、原価1410ペソ(15ペソ×94個)、利益940ペソ。
なので、切り良く1000ペソを日本語学校運営費に寄付しました。
手元に残った原価費は、日本文化紹介の活動の為に使っていこうと予定してます。
それと、私の右隣りで毛糸アクセサリーとバルーンアート販売してた先輩隊員さんが今回の盆踊り大会の記録ムービーを制作したのでリンクはっておきますので、そのムービーで雰囲気を感じて下さい。


お祭り後に、久しぶりにあったシニア隊員さんから、「以前会った時は難しそうな顔してたけど、今は晴れやかな顔だから活動上手く行ってる感じかな?」って声を掛けてもらった。


活動自体は正直いまだに上手くは行ってないけど、障害を少しずつ解決してってるし、引っ越しして気持ちと身体を休める場所が出来たのが表情の変化に表れてるのかな。


連絡所では、帰国直前先輩隊員さんがお菓子作りしてたから暫し見学。


その後、日本の音楽データを少し頂きました。


日本ではラジオメインで音楽だけを聞くのはたまにだけだったからデータ持って来なかったけど、データならかさばらないんだし、データ化して持ってくれば良かった。


①iPhone探しで新たな行動範囲の開拓の予感。
②久しぶりのパスタとピザは美味しかった。たまにこういう食事でのリフレッシュも必要。
③盆踊り大会の盛り上げに協力出来て良かった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。