Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

9月24日(256日目:214日目)

週末日曜日。
7時頃には起床して朝食。
食料は昨夜から本日昼食までの3食分で考えてたけど、昨夜は盆踊り大会で食べてしまったので残ってる食料2食分。
それらをザックに詰め込み、8時頃に連絡所を出発、地下鉄に乗りKm9まで行って、8:30のAETRAでサンティアゴへ。

11時前にはサンティアゴに着いたので家からちょっと遠い停車場で降りてのんびりと歩いて帰る事に。
途中の車販売店の警備員の前を通り過ぎる時に軽く挨拶したら、「チーノ(中国人)」って呼ばれた。
軽蔑的に言った訳ではない感じだけど時間もあるから、そのおっちゃんに”日本人である”、”日本と中国は違う”、”日本人は中国人って呼ばれるのが嫌い”な事を伝える。
そもそも世界地図を知らないから、アジアがどこにあるか知らないので「カナダと日本は近いのか?」とか言ってるから、移動時間とかお互いの仕事の事、家族の事とかの話相手をしてみる事に。
彼は休日の警備の為に一日中外で1人で座ってるだけだから暇で話相手が欲しかった感じ。
ひたすらに喋ってるのをうんうんうなずきながら9割位は聞き流し、1割位は話に乗る(笑)
警備滞在時間帯を伝えられ、その時間帯ならいつも居るから椅子並べてお喋りしようってめっちゃごり押しされる。
話の節々でも、「椅子持ってくるから座りなよ」とか「中に水あるから飲んできな」とか長居させようとする気満々。
私がコンスタンサ好きだって伝えたら、彼はコンスタンサ出身で身分証まで見せてくれて、今度コンスタンサを紹介してあげるよって事で、とりあえず連絡先交換。
で、ペン取り出す為にザック開けたついでに、食料をcompartir(分け合おう)しようよって半分あげる。
そして、おっちゃんが「食料を一旦中に置いてくる」って言ったタイミグで「じゃあそろそろ行くよ」て言って立ち去る。
別れ際も「電話するから」とか「またお喋りしよう」ってめっっちゃアピールされる。
学歴が無くて安月給で働かされて苦労してる感じだけど、私のカウンターパートよりも話す内容や話し方の文明民度は遥かに上だった(笑)
現状で信用仕切るのは危険だけど、いい人なのは雰囲気で伝わってきた。
何だかんだと一時間位話相手になってたので帰宅は12時。


ランチ食べて、荷物広げて、洗濯。
その後、一休みしてから昨夜先輩隊員さんからもらった音源確認。
私のリクエスト以外にも、先輩隊員さんおすすめの海外アーティストや筋肉少女隊の音源までシェアしてもらってた。
ありがとうございます、くじけそうになったら筋肉少女隊聴いて頑張ります(笑)
とりあえず、宇多田聴きながら掃き掃除して、モップ掛け。
諸々済ませた頃には夕飯時期だったから、夕飯準備して、土曜日のブログ書いて、力尽きて就寝。


①行きのバスはパーカー着ても寒すぎてザック抱えて丸くなって凌いだけど、帰りはパーカー着るだけで済むエアコン設定で良かった。
②道端での知り合いが増えた。
③土曜日のブログ書きはハードだったけど盆踊り大会を思い出しながら書くのは楽しかった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。