Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

9月27日(259日目:217日目)

予防接種。
今日は予防接種に行く日。
昨夜学科長に送信したメールの返答は「意味が分からない」。
なのでJICAが送信した文章を再送。
そしたら「了解した」とのメール。
メール確認してなかったのかどうか知らないけど、無駄なやり取り。
そんな事してたら無駄に時間が過ぎてしまい、予防接種にi行かなければならない時間に。
徒歩で約30分掛けて病院へ。
A型肝炎とB型肝炎の3回目ワクチンを同時に接種、体内に異物注入されてる感がすごい。
暫くは病院内で休んでアナフィラキシーショックが起きない事を確認してから解散。
ランチを食べにそのまま同期と向かい側のモールのフードコートへ。
そしたら偶然にも日本語教室の生徒さんと遭遇。
久しぶりに会って話をしたら、日本語教室が曜日変更になってからは都合がつかなくなって来れなくなってしまったらしい。
なので、プライベートで教える事で提案。
私は日本語を教えて、生徒さんからはスペイン語を学べるので、お互いにメリット沢山。
スケジュール打ち合わせして早期実行と継続をしていきたい。


ランチ。
同期はステーキとサラダ、私はパスタとサラダ。

サラダがデカくてそれだけでも満腹になりそう。
同期は完食したけど私はパスタ食べ切って、サラダは2割位食べて残りは持ち帰って夕食へ。
たまには美味しいものを沢山食べる方法で気持ちのリフレッシュもしないと。
モールの外では、おばあさんが暑い日差しから隠れる様に木陰に隠れながらフルーツ売りしてた。
以前通った時も見かけた記憶がある。
お疲れ様の意味も込めて一房購入、25ペソ、名前忘れた。
中身はデカい種が入っていて、食べれる実の量は外見のサイズに対して2~3割位。

帰宅して、一休みして、iPhone調査へ。
前回は日没で暗くなって気づかなかった店を発見。
ディスプレイにiphone6とiPhone6Pが展示してあったので入店して話を聞く。
今まで回ったいい加減な対応の中古店と違って、この店は受け答えの接客が出来ていて雰囲気が販売店。
展示してあったiPhone6は64GB、30日間の保証付き、クリスタルフィルムプレゼントで16000ペソ。
まだ回ってない店もあるけど、どうせ外れ前提で買うならきちんと接客出来ているこの店で買おうと直感で感じたのでここで購入。

6なら今までのケースもそのまま使えるし。
帰宅してから使ってみて判明した事、
充電コネクターの差し込み口に少しガタがあり、角度によっては接触不良で充電されない。
前使ってた6Sと比べると、
Wi-Fi受信可能エリアが明らかに狭い、
通信速度が遅い、
バッテリー消費スピードは同じ位か少し遅い位、
今まで当たり前に使ってた機能が無くてちょっと不便を感じた。
予算20000ペソ以下でそこそこの性能のを探していたから任期中に使うには十分。
購入目的は活動と生活の為の辞書アプリと翻訳アプリだし。
またいつ壊れるかも、盗まれるかも分からないし、高額のモデルを無理して買ってドミ共ライフを我慢の生活ばかりにしてしまっては楽しく無い。
これで明日の日本語教室でも調べやすくなったし、来月の日本語教室の生徒さん達との日帰り旅行も参加出来る。
iPhone買っても連絡用のGmailアカウントパスワードを忘れてしまったから、連絡の為にいちいちPC立ち上げなければならないのは変わらないけど。
職場では「JICAは金持ちなのにお前はケチだから何も買ってくれない」的な事を言われる度に「JICAはお金を持ってるけど、ボランティアはただ働きだから私はお金は無い」って言ってるのに、中古品であれiPhone買ったって知られたら、それこそ「お前は金持ちでケチだ」って言われかねないので、同じケースに入れて使って修理出来たって事にしておこう。


①久しぶりに野菜サラダらしい野菜サラダを食べれて良かった。
②対応がいい加減な中古店が当たり前のドミ共できちんと接客出来る中古店があるって事を知る事が出来て良かった。
③思ってたより早くiPhoneを購入出来てよかった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。