Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

10月1日(263日目:221日目)

週末日曜日。
昨夜、床→ソファーと寝たけど、どっちも快適。
そもそも私はどこででも寝れるタイプだし。
ダラダラとし過ぎて予定してた時間を1時間程おす。
でも単独行動だし、イベント自体時間通りには行われないだろうから、1時間おす位がちょうどいいはず。
焦る事無く朝食取って、シャワー浴びて、洗濯してから出発。
モニュメントでやたらと爆音の音楽流れてたから立ち寄ってみる。
健康イベントでエクササイズしてた。

遅く出発したおかげで遭遇したイベント。
ちょっと見学してLa Vega行きのグアグア乗り場へ。
タイミング良く満員手前で、乗り込んで間もなく出発。
前に座ってる髭もじゃ眼鏡ハットの男性が携帯で日本のアニメを夢中になって見てた。


La Vegaのスーパーで降りる。
スーパーの前のメイン通りで開催してるはずだけど、全く検討が付かないので近くで客引きしてる運転手さんにイベントの事を聞いたら知ってるって事だったので、値段交渉して送ってもらう事に。
途中、何故か検問があり、運転手さんが職質を受ける。
運転手さんは「こいつをモトのレースに連れて行くんだ」って言って、私は警察にめっちゃ観察される。
それよりも「モトのレース?」ってふと疑問に思ってけど、成り行きに任せてみる事に。
そして着いた先は、公道封鎖して行われているドラッグレースでは無く、ちょっと郊外のモトクロス場。

今日はモトクロスレース開催日で、運転手さんはこっちのイベントしか知らなくて勘違いした様子。
このトラブル、むしろ楽しい(笑)
運転手さんに30分位待っててってお願いして、150ペソ払って入場。
セキュリティ対策はしっかりとしてて、迷彩がらの警官が荷物チェック。
私のザックには携帯、ポケットWi-Fi、カメラ、水、お菓子のみで難なくスルー。
着いたのが11:30、レースは午後からスタートの様で、各々試運転してた。
エントリーライダーの服装は如何にもモトクロスライダーだけど、ブーツはTimberlandだったり、NIKEのスニーカーだったりと足元が危ない。
レース観戦楽しそうだけど、試運転の時点で砂埃が目にきてるし、運転手さんに待ってもらってるから30分で退散、ゲートでは戻ってくって事にして腕に再入場用のスタンプ押してもらう。


改めて運転手さんにドラッグレースの説明して、戻る途中のガソリンスタンドで場所聞いて、遂にドラッグレース会場へ。
メイン道路の公道封鎖して行われてた。
やる事が大胆。
ここでも運転手さんに30分待っててってお願いする。
ゲートで入場料200ペソ払うと思いきや、モトクロスレースイベントのピンクタグと同形状で、外さずに付けてたらそのまま入場案内された。
モトクロスイベントスタッフはドラッグレースイベントの事を知らなかったから、双方の関係性はなし。
こっちのセキュリティ対策は更に厳しく、ボディチェックと荷物チェック。
ポケットWi-Fiを皮ケースに入れてあったから、「中身は何だって?」って中身確認まで。
会場内には入場タグ付けてない人の方が多かったから、見物客の入場料がどうなっているのかは不明。
ドラッグレースの方は古いホンダ車にボルトオンターボでイジり倒してる車とか、ストックの新型VTEC車がメイン。

GT-R R35がエントリーするんだか何だか会場外に並んでたのをチッラっと見かけたけど、それはもはや反則、小学生の試合に高校生が出場する様なモン。
ドミ共では石を投げたら韓国車に当たるんじゃないかって位に韓国車が走ってるけど、ドラッグレース場では皆無。
残念ながら韓国車がそれだけの性能だって事を、ドミニカ人の中でも知っている人は知ってる。
レースの方は、正直思ってた以上に遅かった。
ターボ付けたりして雰囲気は凄いけど、日本と比べるとECUセッティング、アライメントやタイヤチョイスがいい加減な感じ、バーンアウトでタイヤ温める事もしないし。
だからスタートダッシュからフィニッシュまでの流れががダラーっとしてしまってる。
目に見えにくい所にももうちょっと拘ればもっとタイム縮むのに、見た目優先になってしまってるのがちょっと残念。
まぁ、車は見た目重視の国民性だから、雰囲気のある車がレースしてるのを見て楽しめればそれで十分。
アメリカの直ぐ近くのドミ共で、大排気量のアメ車では無く、古い日本車がドラッグレースを席巻しているのは日本人として嬉しいし、気分が上がる。
ここでも30分位で切り上げてスーパーに戻る。
この時点で14時、ここで軽くランチ食べて、向かい側にあるグアグア乗り場からSantiagoへ戻る。
そしてSantiagoでグアグアを乗り換えて、後輩隊員の配属先へ。
で、後輩隊員の自主企画イベントのコーヒー試飲会へ1時間遅刻で参加。
コーヒー関係の活動をするからマーケティング戦略の一環として市場に出回っているコーヒーの種類の一部をボランティアメンバーで飲み比べしてアンケート調査をしようって企画。
僅か時間でかなりの種類と量のコーヒーを飲んだ。

それでも市場にはまだまだ沢山の種類があります。
それと私は卓球台で一人で卓球してる少年の卓球相手してたから、試飲会に来たのか卓球しに来たのか分からない位に卓球に汗を流していた。
今日はいろんな人のおかげでかなり充実した日曜日を過ごす事が出来た。
モトクロスレースとドラッグレースの写真はアルバム作ってそちらにアップする予定。


①私の寝坊とダラダラのおかげでSantiagoでの見物イベントに遭遇出来た。
②運転手さんの勘違いと私の説明不足のコラボで見物イベントが1つ増えた。
③コーヒー試飲会参加のおかげで色んなコーヒーと出会う事が出来て、更には卓球で汗を流す事が出来て楽しかった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。