Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

11月4日(297日目:255日目)

週末土曜日(三連休1日目)

朝、6時過ぎに目覚めて、運動に行こうかとも思ったけど、寝不足なので体調の事を考えて二度寝。

三連休だし、週末の運動は日曜日、月曜日にしよう。

9時過ぎにあらためて起きて、朝食とって、ちょっとダラダラして11時前に外出。

朝の運動がしなかった代わりに徒歩移動。

目的はiPhone修理に掛かる料金と時間の調査と散髪。

昨日、生徒さんから聞いた大体の場所の近くに携帯ショップがあるので、とりあえずそこで今月のWi-Fi代の支払いを済ます。

で、スタッフに携帯修理出来る店を聞く。

そしたら、携帯ショップの隣だった。

しかもその携帯ショップと修理店は同じ会社。

隣に行って問い合わせ。

聞いたのは3箇所。

①充電コネクターの交換(接触不良)。

②バッテリー交換(消費が早い)。※実際にはそんな極端に早くないけど、コネクター修理で預けて開けるならついでに交換しようかなって理由。

③GPS作動不良(地図アプリを使用しながら移動しても現在地が動かない)。

問い合わせ結果、

①1000ペソ

②1500ペソ

③1000ペソ(点検して交換必要であれば)

11:30頃に行って、これから修理するなら火曜日10時まで預かり(日曜日休み、月曜日祝日の為)。

火曜日の9~10時頃から預かりなら当日15時には渡せるとの事。

週末使いたいし、火曜日の朝イチにまた来るって伝えて店を出る。


その後、ひたすら徒歩で12時過ぎに床屋到着。

昼時だし、待ち合いソファーには4人位居たから無理かと思いつつ入店。

そしたら、いつも担当してくれてるスタッフが待ってましたとばかりにそのスタッフ専用のカット台に招かれる。

人いっぱい居座ってたけど、誰一人として客じゃなかった(笑)

オーダー聞かれる事も無く、勝手に手際良くドミニカンカット(笑)

この前、自分である程度カットしたけど、ゴッソリ切られてかなりスッキリ。

最近、朝夜の気温は低めだけど、日中は相変わらずクソ暑いからちょうどいい。

事務所とバスのエアコンにはヤバイけど。

カット後は向かい側のコメドールでランチ。

久しぶりに来たら内装リフォームされててとても綺麗。

トイレもコメドールとは思えない綺麗さ!

しかも便座付いてるし!

ドミ共で便座付いてるとかかなりすごい!

料理は安定の美味しさ。

125ペソ。


食後にドミ共でアップル扱ってるショップへ行ってここでも修理見積もり確認。

この前来た時に対応したスタッフはかなりお高い感じで接客してきたけど、今回のスタッフはとてもいい感じ。

ここでは①~③に追加して、

④Wi-Fiの受信範囲が以前使ってたiPhoneより少し狭いって追加してみた。(実際に以前使ってた6sよりは受信エリアが狭い)

そしたら、午前中のショップとは全く違う対応。

アップル店だけあって、しっかり診断かけてデータを提示しながらの説明。

①コネクター内部のゴミを取り清掃して解決。

②診断かけてバッテリー性能チェックの結果を提示しながらの説明。実際には消費が極端に早く無いも診断結果として出てて、まだ使用には問題無いって回答。

③6はシステム的に問題を抱えていて、最新ソフトウェアバージョンで対策されてる、現在のソフトウェアバージョンは古いからバージョンアップしてから再確認してとの事。

もしそれでもダメならアンテナか壊れている。

私のiPhoneはアンテナ配置部に少し歪みが出てるからもしかするとアンテナ壊れて不可能はあるけど、この店ではアンテナ交換依頼には対応しないし、ドミ共での修理はしない方が良い、もし交換するならアメリカに行った時にアメリカのアップルストアに依頼した方が良い、ってアドバイス。

④もそんな感じで、範囲か狭いならWi-Fiを近くに置いて使って下さいとの事。

まぁ、ドミ共の中古品だから、ケツがデカくてビチビチのGパン履いてるドミニカ人がケツポケに携帯突っ込んでイスに座ったりしたら一撃で歪んで内部損傷するのは確実。

だから私の中古携帯は、きっと内部損傷してるに違いない(笑)

それぞれの店の対応の違いが大き過ぎて驚いた。

携帯渡す時に言語が日本語だからスタッフが驚いてたので、「言語変える?」って聞いたら、

「問題無いよ、日本少し習ってるし」って。

聞いたら、アプリ使って独学で習ってるらしい。

そしてワンピースが好きらしい。

ネックレスもワンピースのドクロマークだったし。

そんな感じだったから、私の事を話し(ボランティアで専門は自動車整備、それ以外に日本語を教えてる事)、「もし希望するなら日本語教えるよ」って提案。

友達も日本語を独学で学んでる様で、「友達にも聞いてみる」って事で連絡先交換。

これで教える事になったら、合計週3回の日本語クラス。

本職より活動的。

JICAの選考二次面接の時、「行ってみたら全く必要とされてなかった場合がありますけど、その時はどうしますか?」って質問された。

で、「私は日本人として日本語を教える事が出来るので、希望する人がいれは日本語を教えます」って答えたけど、正に今はその状況。

そして自分の答えた通りの事をして、しかも街角で学びたい人を見つけてクラス開拓している自分の行動力がちょっと面白い。

その行動力をなぜ本職の方で発揮しないのか?(笑)

コネクター改善で修理を急ぐ必要は無くなったから、この店でモバイルバッテリー購入。

1500ペソ、結構高いけど、Wi-Fiのバッテリー持ち悪いし、電源確保出来ない時の為に。


帰路の途中でココナッツ飲んでミネラル補給。

ココナッツ1つでコップ2杯分の量。

なので最初の1杯は一気飲みして残り半分を注いでもらう。

残りは歩きながらゆっくり飲む。

家の近くの路上の日陰に極貧そうな子供2人が座って休んでいた。

私の住む地区には居ない生活水準の子供。

かなり暑かったし、水とかも飲んでないだろうから、コップ半分位残ってるココナッツジュースをあげるかあげないか歩きながら悩んだ。

あからさまに金をせびってきたらスルーしてたけど、近く通り過ぎても私に興味もなく、何も言ってこなかったから、「元気?ジュース好き?飲む?」って話しかけてココナッツを渡したら、「ありがとう」もなく「何かもっとくれ」って要求してきた。

渡した事を後悔。

私が渡したのは"善意"ではなく"エゴ"だった。

なので返ってきた言葉が"エゴ"だった。

こういう履き違えた行動が物乞い者を発生させるきっかけになるのかと、軽はずみな行動に罪悪感。

帰宅して、洗濯して、木曜日から滞ってたブログをひたすら書き、夕食。

食後、JICAからのメール確認して、再びブログ書き。

そんな感じで三連休初日終了。

明日明後日は中間報告発表の資料作らないと。


①携帯トラブルのおかげで新たな発見と繋がり。

②軽はずみな行動に気をつけよう。

③三連休初日はダラダラしてしまった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。