Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

11月10日(303日目:261日目)

活動261日目。

今日は配属先へ行かずに市役所見学へ。

目的は自分の新たな活動探し。

私が応募した時からサンティアゴ市役所では自動車整備隊員を募集している。

市役所はごみ収集車や社有車用の整備工場を所有しており、そこでの技術移転の募集。

市役所には同期隊員が活動してるけど、今回はアポ無し訪問。

アポ無しで行ったけど、ディレクトーラは好意的に話を聞いてくれて、整備工場のある施設までの車まで手配してくれる事に。

当初の考えだとディレクトーラに軽く挨拶して、UBER使って行こうと思ってたから出費は抑えられたけど、同行する運転手は同期隊員のカウンターパート。

同期のカウンターパートはあまりどうこう言いたくないけど、彼も私のカウンターパートと同じタイプの人間。

先ず、仕事中だけど、所在不明。

30分〜1時間位待ってたら現れたけど、私と同期をそこまで連れて行く事に拒否的、ディレクトーラに命令されて渋々連れていく事になった感じ。

その施設はセキュリティが厳しく、私だけが行っても入れなかったっぽい。

車庫兼整備工場を担当者に案内してもらい説明を受けながら見学。

整備車両は大型トラック、重機、乗用車と市役所が所有してる様々な車両、整備士は4人。

人手不足で整備途中で放置されてる車両も多数。

一通り見て、それから整備士とここのディレクトールに聞き取り調査したかったけど、同期のカウンターパートの早く帰るぞプッシュによりすぐに帰る事に。

結局、見学出来たの10分位、見学の為に丸一日時間確保してきたのに時間短過ぎ。

情報収集出来なかったのが残念だったけど、現状を見る事が出来ただけでも良かった。

今の配属先とは違って、ここでは活動の需要があるし、求めてる。

コラボしたいって話したら、「月曜日から来れる?」とか言われたけど、流石に無理。

市役所のディレクトーラにはコラボには書類手続きが必要って言われたし、今の配属先とも話ししないと。

何にしても、今回だけでは調査量不足。

そして、ネックは施設までの移動と施設周辺の治安がよろしくなさそうな事。

かなり時間が余ってるしまったので、その時間は市役所内の見学と同期の活動内容と状況をシェアしてもらう。

最後にディレクトーラに挨拶に行ったら、次からは事前にアポを取ってくれればこっちも対応しやすい的な事を言われる。

また時間確保して、活動に結びつけて、自動車整備と環境教育のコラボを実現させよう。


夕方過ぎけらは日本語のプライベートクラス。

今日は上級者1人と初級者1人。

今日の内容は形容詞、初級者にはひらがなで、上級者には漢字で書いてもらって意味確認。

なんと初級者の家には過去にボランティア隊員(算数隊員)が2年間住んでいたとこが発覚。

しかも私の住んでる場所の1ブロック隣の通り。

世間は狭い。

上級者は日本語がかなりわかるから、昨日日本語教室の生徒さんにした質問をしてみる。

結果、文章として良い順位に並べると、

①◎、

Mi hermana estudió español en México y lo habla muy bien.

②○、

Mi hermana ha estudiado español en México y lo habla muy bien.

③×、

Mi hermana había estudiado español en México y lo habla muy bien.

④×、

Mi hermana había estudiado español en México y lo habló muy bien.

③は文章としは成り立ってるけど×、④は文章的にも×らしい。

ややこしい。


①新たな活動の糸口を見つけた。

②上級者と初級者が同時に出来る内容を考えよう。

③今週は月曜日が祝日で、授業時間もほぼもらえず、金曜日は配属先行かなかったからあっという間の1週間だった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。