Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

11月17日(310日目:268日目)

活動268日目。

今日は私の企画のプレゼンをする為に市役所へ。

ディレクトーラとのアポは10時から。

でも、全然コンタクト取れない。

同期隊員のカウンターパートに企画書を見せて説明したら、かなり乗り気でメッチャ協力的。

企画書を自分の分としてコピーまでしてたし。

ここまで協力的な理由は単純、

彼の車が調子悪いらしく、企画書の"市役所車両の整備"で自分の車もリストにねじ込めれば工賃タダの部品代のみで修理出来るから、この企画を実現させたいんだと思う(笑)

午前中、ひたすらに待つ。


ランチ食べて、午後もひたすら待つ。

結局コンタクト取れたのは14:30過ぎ。

しかもかなり忙しそう。

同期隊員のカウンターパートがディレクトーラに説明をしていてくれたらしく、私はディレクトーラ宛の企画書を手渡しして5分程立ち話して終わり。

でも、かなり好印象を持ってくれて、月曜日に上層部と打ち合わせして、私の配属先にプロジェクトの文書を送ってくれるとの事。

プレゼンのつもりで来てたのに実に呆気なく事は進んだ。

私の企画力と同期隊員のカウンターパートのお陰だな(笑)

12月に細かい打ち合わせして、来年1月から始動させたい。

ディレクトーラはもっと早期始動を臨んでだけど、打ち合わせに必要な私のカウンターパートは明日から2週間のバカシオネス。

しばらくは進捗停滞。

でも、市役所車両の修理リスト作成とかに首突っ込めるなら、市役所行って資料作成の手伝いとかをしようかなって企て中。

配属先に居ても授業時間もらえないから、時間勿体無いし。

"自動車整備"って枠でありながらも、"環境教育"への水面下でのサポートも出来るこのプロジェクトが動き出したら、残り1年の任期が面白い事になりそう。


帰りに赤味噌とわかめ購入。

そして、プライベートクラスへ。

今回はベジタリアン台湾料理店で食事と勉強。

私は麺料理をチョイス。

米の麺、大豆の肉ともやし等。

ドリンクはホット緑茶にレモンとミント入り。

合計で300ペソ。

健康的で価格も良心的、フリーWi-Fiもある。

家からちょっと遠いけど、健康的な物食べたくなったらまた来よう。

生徒さん2人、この2人の関係性は友達同士で、更には英語の先生とその生徒さんって一面もある。

流石先生だけあって、段取りと勉強指示がテキパキ。

私も生徒状態(笑)

私はその生徒さんが言う日本語の文章をスペイン語で書き、それを訂正してもらう、そしてその文章を生徒さんが日本語で書くって流れ。

(写真のスペイン語の下に日本語で文章を書いてもらった。平仮名も漢字も書けるから、書き順訂正とか位。)

日本語の使い方の質問もなかなか深い。

"だけ"と"ばっかり"の使い分けとか。

日本語での日常会話が出来てるから学習レベルはかなり高い。

私ももっとスペイン語を学ばなければならない。

帰りはUBER使ったけど、携帯のGPS不調に加え、UBERアプリがバグってるのか、全然違うところに迎えに行ってたり、ルートめちゃくちゃだったり、ドライバーは適当だから行き過ぎた挙句に道に迷ってもアプリでルート確認しないし。

そんな余計な時間掛けてる分も請求されるのが馬鹿らしい。

UBERであってもドミニカ人ドライバーだからいい加減過ぎる。

今日は疲れたから帰宅して直ぐに就寝。


①新プロジェクトで市役所に頼りになる仲間が出来た。

②ドミニカ人相手にアポとか意味を成さない。

③生徒さんのお陰で素敵なベジタリアン台湾料理店を知る事が出来た。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。