Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

1月9日(363日目:321日目)

バカシオネス32日目。

今日までバカシオネスだと思うけど、誰の言う事が真実か良くわからないので、もし配属先の車が来る事を想定して普段通りの時間に朝食を済ませておく。

案の定、来ない様なので今日までバカシオネスなのは確実。


午前中、とりあえずコーヒー飲みながらリラックス。

以前買った某スーパーのオリジナルブランドコーヒーは泥水コーヒーだったので、その感想を共有しつつ半強制に同期にプレゼント(笑)

代わりに買ったコーヒーはセールで安くなってたから何となくでチョイス。

もっと自分の好みにあったコーヒーがあるだろうけど、泥水コーヒー生活の後だと、とりあえず休憩に飲めればいいやって感じ。

昼前に赤本復習(命令形)。


午後は少し昼寝して、ネット見ながらダラダラしてから赤本復習(si、接続法)。

接続法に至ってはKTCで殆どやった記憶がないので復習というよりも学習。

練習問題が白紙状態だったし。

ドミ共生活1年にして、派遣前に使ってた赤本の内容がやっとフワッとわかって来た気がする。

今だったら青本での学習もそれなりに理解出来るだろうけど、あいにく青本を持って来てない。

基本を繰り返し復習して基礎固めかな。


夕方、健康管理員さんから電話。

どうやら再検査項目があるらしい。

絶対にストレスが原因だってわかってるから、再検査の必要は無いと思うけど、再検査をしなければならないらしい。

活動休み取るのとか面倒くさい。

配属先で「健康診断で活動休む」とか言ったら、「あの日本人は健康診断で休みらしいぞ」って全く関係ない人にまで話がいくし。

私の配属先あるあるで、私の事を一個人として扱かわなかったり、私に対する批判的な事をドミニカ人同士で話す時は、"Akira"では無く、"japonés”って隠語を使って話してる。

私がスペイン語で話してる内容を理解してないと思ってるのか、カウンターパートは私が居る目の前でも職員に話してる。

そんな時は声のトーンを下げて話してるから、それが逆にあからさま。

私は面倒くさいからスルーしてるだけで内容は把握してるって事に気付いてない愚かさ。

とりあえず検査所の場所調べてみたら、家から徒歩数分の近所だし、朝7時から開始だから活動開始前には終わるだろうし、明日活動に行く前に行く事にした。


夜はサンティアゴ隊員から夕食のお誘いがあったから、身支度していざ行こうと思ったら雨。

UBERも雨で利用者増加により1.6kmの距離で200ペソ。

1時間程待ってても雨は止みそうにないから、今回は諦める事に。


明日こそは仕事初めかな。

配属先は自分達の都合で市役所との会議のアボを10日にしたんたから(実際にはアポ取ってなかったけど)、これで配属先がブッチしてきたらいよいよだな。


①泥水コーヒーから抜け出し、別のコーヒー生活が始まった。

②今頃になって接続法を勉強。

③最近、サンティアゴでは夜に雨が降っている。


①Salí de un café como aguas terrosas y estoy iniciando una vida de café con otro café.

②Estudié el modo subjuntivo a estas alturas.

③Recientemente, está lloviendo de la noche por Santiago.

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。