Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

1月10日(364日目:322日目)

仕事初め。

早起きして、7時に検査所へ。

7時から開始で、1番乗り。

他に誰も居ないし、検体置いてくるだけだから直ぐかと思いきや、謎の待ち時間が20分位。

呼ばれたら渡して終わりなので、直ぐに終了。

7:30には家に帰宅。

活動に出発する迄に時間あったので、ヴィナーヤガシュッティでスクワット108回。


配属先に到着して、先ずは秘書さんの所に行って会議の確認。

予約してないのは知ってたけど、それには触れないで話ししたけど、自分から10日の10時からって私に言ってきたのにその事を学科長にもカウンターパートにも伝えてない。

で、案の定2人は行けないって言ってるし。

想定の範囲内のクソっぷり。

で、「あなた1人で行って来なさい」って。

なので、「私と市役所との会議は終わってて、次は配属先と市役所の会議だから、2人が行けないなら会議はキャンセルだから私も行かない」って返答したら、「あなたは今から1人で行かなければならない」とか意味分からない事を言い出した。

なにやら、「2人が行けなくて今日の会議がキャンセルになった事をあなたが直接行って報告して来なさい」とか何とか。

「市役所にはJICAボランティアが働いてて、ボランティア経由で伝えたから行く必要は無い」って言っても信用せず、同じ事の繰り返し。

この期に及んで自分達のメンツ気にする位なら最初からちゃんと段取りするべきだし、キャンセル理由があなた達に原因があるのに何故私が直接行って報告しなければならいのか?

仕事出来ないのにプライド高くて、自分の不備の対応を他人押し付ける辺りがドミニカ人。

秘書さんは後日に会議の日程を市役所に連絡するって言ってるけど、どこまで信用出来るのか全く謎。

本当だったらラッキー程度だな。

こんなしょうもない事で自分の運を無駄に消費したくないわ。

これ以上話しても時間の無駄だから、私が直接市役所に行って報告。


再び配属先に戻って、午前中の残り時間は新たな活動計画表作り。

その活動計画も市役所とのコラボの計画だから、配属先がいい加減過ぎて全く進まない。

コラボ企画の為に市役所には何度か足を運んでたから、市役所職員さん達は私の顔を覚えてくれてる。


ランチ。

いつも行ってたコメドールがずっと休み。

まさかの閉店?

仕方ないので別のコメドールへ。

配属先の運転手さんは好きみたいだけど、私的には特別不味くもなく、美味くもなく、なので直ぐに飽きる系の味。

今回で3回目位だけど、もうこの味に飽きそう。

100ペソで安くて、近いから妥協して食べに来る状況になりそう。

食後に市場に行ってアグアカテ見てきたけど、市場なのにどれも程度が悪過ぎ。

結局買わずに、スーパーでヨーグルトと牛乳買って事務所へ戻る。


午後の前半は活動計画表作りの続き。

後半は実習場ブラブラ。

授業ない先生がコモンレール式噴射ポンプテスターを操作してた。

操作出来る先生がいた事に驚き。

この先生はATミッションの知識と経験に長けてて、それらの実習メインだけど、マルチに知識経験があるっぽい。


活動後は検査所に検査結果の受け取りに。

後から来た人達は結果をもらって直ぐに帰るのに、私はまたしても謎の待ち時間。

結局、検査結果は直接JICAに送ってあるからここには検査結果が着てないってオチだった。

健康管理員さんに電話でその事を報告、「"検査したけどresultadosはdirectamenteにJICAに送ったからウチには着て無いわよ"って言ってました」って、ルー大柴の話し方みたくなってる自分がいた(笑)

確認してもらったら検査結果はJICAに送られてて、結果も異常なし。

やっぱり前回検査受けた時にストレス溜まってたからだ。

JICAからのメールに健康管理手当が支給されましたとのメール。


--------------

健康管理手当とは(ボランティアハンドブックより):

ボランティアは日本とは異なる生活環境条件の中で協力活動に従事しています。

生活習慣の相違に加えて活動上のストレスなど、日本で生活することに比べ心理的圧迫を受ける度合いは大きいと言えます。

ボランティアが業務を遂行するためには、心身の健康は必須で、常日頃からの健康管理が重要です。

そのためJICAではボランティアに健康管理手当を支給しています。

健康管理手当は、派遣期間半ばに至ったボランティアが、残る派遣期間を効果的に全うできるよう、

自己の心身両面の健康管理について積極的な対策を講じることを支援するためのものです。

--------------


それが何と約17000ペソ!

こんな福利厚生があるのはとても嬉しい。

いつもの夕食は野菜スープにパスタ入れて食べてたけど、最近は無性に食欲があるので、洗濯を済ませてから近くのコメドールへポジョフリトを買って、持ち帰り。

この前と同じ店で前回と同じく100ペソのポジョフリト2個にプラタノフリトのセットをお願いしたら、この前より大量!

帰宅して、野菜スープを煮てる待ち時間に、摂取カロリーが増えるからその分として再びヴィナーヤガシュッティでスクワット108回。

今回はバランスボードに乗って。

バランス取りながらだから、動きも少し遅くなって所要時間は約10分。

まぁ、スクワット100回位やった所で相殺なんてしないけど、野菜の煮時間待ちにはちょうどいい。

ポジョフリトもプラタノフリトも半分で満足したから、残り半分は明日の分へ。


ソファで食休みしながらプログ書こうとしたらそのまま寝落ち。

夜中12時頃に目覚めて、ちょっとプログ書いて、就寝。


本日、ホンジュラスの同期隊員が任国外旅行でドミ共入り。

今週末に再会するのが楽しみ!


日本を経ったのは去年の1月10日、あれからもう一年。(日にちカウントがズレてる)

iPhone壊れて写真データは失われてしまったけど、あの当時のはラップトップにバックアップしてあった。

成田空港で撮ったツーショット写真。

Muy amigo(だと私は思ってる(笑))のかずやん、

知り合った当時、陽気な体育教師なのかと思ってたら、とんでもないスペシャリストだった(笑)

そして、技術顧問の高橋先生、

連絡取ってないけど、きっと元気にしてるだろう。


あの時に想像していた以上の活動が上手く進まない今の現状。

公私共に色々とこじらせてる感じだけど、まぁあと1年、成るように成る。

Que será será.


①想定内の問題発生。

②彼ら相手に上手く行く方が稀だ。

③医食同源。


①El problema que me imaginaba ocurrió.

②Es raro que vaya bien con ellos.

③La mejor medicina, la cocina.

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。