Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

1月23日(377日目:335日目) レウニオンで首都へ

レウニオンで首都へ


首都へ行く時は集合がいつも早い。

今回は5:30に配属先集合、6:00出発。

カウンターパートからはしつこい位に「5:30だぞ」って何度も念押しされ続け、予定通り5:30へ。

移動はチャーターしたマイクロバス3台。

結局、全職員の中で1番遅かったのはカウンターパート。

配属先に6時到着。


途中、朝食休憩。

30ペソレベルのエンパナーダを頼んだら70ペソでビビった。

高速道路のサービスエリア的な場所だけど、ボリ過ぎ。

私の乗ったバスは音楽爆音、多分ドライバーの趣味。

朝っぱらから耳痛いし、寝れない。

最初は静か目に流れてたのがうるさくなり、うるさいから下げろってクレームがきて少し静かになったものの、運転手が調子に乗って爆音で流し始めた。

特にうるさいって言ってくる職員が居ないから、コイツらの耳と頭はバカかって思ってたら、同じ思いの職員がいて、我慢に耐えきれずにブチ切れてた。

後部座席から運転手の所まで行って、「うるせえ!ビーチに行って聴いてろ!」って、ブチ切れ(笑)

で、運転手は音楽オフ(笑)

そしたら爆音好きな職員がそれにクレーム。

間をとって程々のボリュームで聴くって着地点が無いのがウケる(笑)

会場近くまで来て、道路の両脇の路駐によりバス立ち往生。

このどこでも構わず路駐するのはレベル低過ぎ。

で、途中から歩いて会場へ。


会場は満席で座る席なし、かなりの人が立ち見状態。

会議かと思ってたら、海外からゲストを招いてのセミナーだった。

私の配属先はセミナー好きで、何かと海外からゲスト招いてセミナーしてる。

毎回思うけど、セミナー内容とこの国のレベルが合ってない。

今回のは10年先のテクノロジーの発展とそれに伴う人材になるには的な感じだった(多分。パワポは人に読ませる気が無いような細かい字で情報量を多く載せて、尚且つパワポめくるの早い。そしてプレゼンターのテンションが上がってくると訛りでまくし立てて話すから耳に入ってこなかった。何より語学力不足。)

発展コンプレックかと思える程に発展発展と耳にする。

先進国の技術水準からの10年先のテクノロジー展望を、途上国が同じ目線で展望してるのに違和感を感じる。

例えば、TOEIC990点を目指すのは全然いい事だけど、200点の人が700点の人と同レベルだと自己判断して、700点の人と同じ事をするのは基礎を飛ばし過ぎてる。

セミナーで解説説明で流れたビデオの1つ、1950年のインディーカーレースでのピット作業と2013年のピット作業の映像。

1950年はホイールのセンターナットをハンマリングして外して、組み付けの本締めもハンマリングして、その間にフロントガラス磨いてとか、現代と比べてしまったらめちゃくちゃ原始的で効率も悪い。

プレゼンターはそれを見せながら、「とても遅くて効率が悪い」って言って、オブザーバーもその言葉に釣られて「確かにね」的な感じで見てる。

私的には、当時からの技術水準からしたらかなり早い方だと思う。

2013年の映像は数秒間の作業で終わり、プレゼンターはその早さとテクニックを煽り立てて、オブザーバーもそれに乗っかって盛り上がる。

当時のプロフェッショナルだからピットクルーになれてるわけだし、現代のピットクルーが当時の作業再現をしたとしても訓練無しで同じタイムで同品質作業はこなせないだろう。

歴史的な技術比較の資料に使うなら良いけど、素人がそれに対して遅いだの効率悪いだのを言うネタにする為にその映像使うのは当時のメカニックに対する侮辱だと思う。

ぶっちゃけ、配属先の自動車整備科の実習内容は2018年の現在でも、その映像の1950年の技術レベルで行われてる。

当時は早くても2018年にそんな整備してたら、早い遅いとかのレベルでは無く、ただの原始人。

それなら2018年同士で日本の専門学校の自動車整備科の実習とドミ共の職業訓練所の自動車整備科の実習映像を見比べして、技術水準の低さを認識させた方がよっぽど現実的でわかりやすいし、この国の為にもなる。

そんな事は海外から招待されてる立場上、言えるはずないけど。

1950年のレベルで2030年のテクノロジーを見据えるって、80年先はちょっと遠過ぎ。

この配属先は自分達なりに発展のイメージをしてそれに向かって取り組んでるのは良い事だと思うけど、先ずは自分の国のレベルを認識して、発展以前に国が抱えてる問題を解決しないと先には進めないでしょ。

足元見なさ過ぎ。

何か、セミナーやれば事は解決する的な発想を持ってる感じを受ける。

考えが短絡的過ぎ。

で、最後はスタンディングオベーションで幕を閉じた。


9:30〜12:00で、終わったらとっとと帰るって珍しいパターン。

正式なタイムスケジュールは知らないけど、きっとスケジュール上では9:00開始だったんだと思うけど。

帰りの道中、学習しないドライバーがまたしても爆音で音楽を流し始める。

案の定、キレられる(笑)

「これはゴミだ」ってまでの暴言が出る(笑)

またしても電源オフ(笑)


帰り道が大渋滞。

原因は軍隊が牽引してた大砲のキャリアが外れて大砲が路上に転がるってトラブル。

車輪付きの移動型大砲だけど、車輪は原始的な木製。

車輪がコロンブス時代から進化してない(笑)

道路に打ち付けられて転がった大砲の木製車輪は当然粉砕。

この件に関して一体誰がどんな処罰を受けるんだろう。

そして代わりの木製車輪は今もどこかで製造してるのか?

渋滞抜けて、朝に立ち寄ったパーキングエリアで遅めのランチ。

パーキングだから300ペソ位かなって思って、いつもの感じで頼んだら550ペソ。

ボリ過ぎだ。

明日も会議があってここを使うだろうけど、300ペソレベルの定食に550ペソ払うくらいならここで食べないで、帰ってから適正価格の物食べる。


15:30頃に配属先に戻り、メルカドでアグアカテを買ってから帰る。

家の近くの信号機が停電してて、家に帰ったら家も停電してた。

16時頃の外が明るい時間帯でも私の部屋は暗い。

トイレとかヘッドランプ使って利用するレベル。

改めて陽が入らない部屋なのを実感。

コーヒー飲みながらブログを書き、股関節を動かす練習をして、スクワット120回。

その後、夕食。

明日も5:30集合なので早目に就寝。


①基本を無視していきなり応用は難しいでしょ。

②長時間のセミナーで言葉を理解し続けるのはまだ無理だ。

③あのレストランはぼったくりだ。


①Creo que es difícil que ignorando la base y aplicar repentina.

②Todavía no puedo seguir entendiendo las palabras en un seminario largo.

③Las comidas de ese restaurante no coincide con el precio.

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。