Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

1月24日(378日目:336日目) レウニオンで首都へ(2日目)

レウニオンで首都へ(2日目)


5:30に配属先へ。

玄関から薄暗い外を見たら、玄関先にゴミの様な物が沢山置かれてる様な影が見えて、何かと思って外に出て玄関灯点けたら、玄関先でホームレスが野営してた(笑)

ホームレスレスは早朝から家から人がて出来てビックリして気まずそうにしてたから、普通におはようって声掛けて、呼んだUBERに直ぐに乗り込む。

まぁ、治安は良い方だし、玄関灯のスイッチは外にもあるから明かりつくし、水道もあるから、ホームレスレスにとっても便利な家なのかもしれない(笑)

ポリ容器を拾い集め歩いてる様だから、ホームレスの中でも努力して収入を得て生活してるタイプの人だから邪険にしてはいけない。


UBER呼んだら昨日と同じドライバーになったけど、来た人が違う。

昨日の人が登録されてた人で、今回の人は言葉の訛りも運転態度も明らかに違う。

この国では珍しいことでは無いけど。

全ての赤信号を無視した運転だったから、昨日より早く着いた(笑)

誰も来てないどころかバスも無い。

警備員さんに構内に入れさせてもらって、中で待ってたらチラホラと来始めた。

待ち時間中に何気にUBERの履歴見てたら、過去のドライバーの不正発見。

1月14日早朝にホンジュラス隊員を空港までお見送りに行った時、空港で降りた後も乗車した事になっており、車が都心に戻る分も請求されてた。

空港で降りた時にドライバー評価したらかその時には決済済みだったはずなのに、なぜかその後も乗ってる事になってた。

ドミ人はやる事が狡い。

出国する外国人相手なら騙し通せるとでも思ってるのか?

とりあえずUBERにクレームのメールを入れる。

直ぐに返信があって、スタートとゴール地点をメール。

1時間後には値段訂正のメールが来た。

請求1100ペソが600ペソの正規価格に訂正、500ペソは口座に返金、確認しようが無いけどUBER本部の仕事ならきっと大丈夫だろう。


今日もセミナー。

昨日とは会場が違く、配属先の本部の会議ホール。

ホールに行く途中に、配属先のCEOとばったり出くわして少し挨拶したけど、この機関は台湾政府からの設備投資や物資提供がかなりあるので、この様なセミナーに出席する関係を持ってるアジア人って事で、私は台湾人だと思われた。

日本人って事を伝えても、反応は特になし。


9:30開始、終わったのは12:30、3時間もぶっ通し。

メチャクチャ長い話だったけど、

結局の所、自分達が運営している機関の紹介と、上手いファシリテートをして1+1を3以上にしましょう、その為にはこんな感じに進めればいいですよ的な。

そんな話をする為にわざわざ海外から来るって、いい商売してるな。

テーブル毎に意見交換するアクティビティもあったけど、私はテーブル席が満席で座れず、急遽出された椅子で通行の邪魔にならない場所に座ってたからアクティビティには混ざれず。

パワポの字は小さくて読めないし、ダラダラとした話が余りにも長過ぎて途中から完全にメンタル切れ。

お喋り好きの人の話を一方的に、しかもオチがわかってる内容を数時間聴き続けてる状態。

それがスペイン語となるとかなりしんどい。

周りを見ると、半分位の人達は飽きて聴いてない様な状態。

最後の方は時間不足でかなり端折って話してた。

そして、その長い長い話の締めくくりの動画が、"マヨネーズの瓶と2杯のコーヒー"。

まさかこれで締めるとは。

で、「これがとても大切な事なんだ」って、これに力こもってた。

それが人生において大切なのはわかるけど、昨日の発展発展一辺倒から、今日のファシリテートの話と、どう繋がってのこのオチなのか、意味不明。

良い話を最後にぶち込んで終わり良ければ全て良し的な雰囲気作り?

それとも、自分の趣味を最後にぶち込んでやったぜ状態?

いくらドミ人でも、この有名なエピソードを初めて聞きましたって人は流石にいないだろうと思いたい。

教養がある人達が集まってるし。


今回はランチ付き。


ランチ後に解散で14時前には出発。

バスの中ではひたすら腹痛に耐える。

16:30頃に配属先に戻り、帰り途中に朝食用のグラノーラ、ピーニャ、ヨーグルトを買って帰宅。


腹痛もあり、色々と疲れたから、直ぐに就寝。



①私達は発展する為に生まれてきているのではない。幸せになる為にこの地球にやってきた。

②発展は幸福を阻害するものであってはいけない。発展は人類に幸福をもたらすものでなくてはならない。愛情や人間関係、子供を育てる事、友達を持つ事、そして必要最低限のものを持つ事、これらをもたらすべき。幸福が私達の最も大切なものだから。

③マヨネーズの瓶と二杯のコーヒー。


①Porque no venimos al planeta para desarrollarnos en generales.

Venimos a la vida intentando ser felices.

②El desarrollo no puede ser en contra de la felicidad.Tiene que ser a favor de la felicidad humano, del amor, arriba de tierra, de las relaciones humanas, de cuidar a los hijos, de tener amigos, de tener lo elemental. Precisamente, porque eso es el tesoro más importante que tiene.

③El Tarro de Mayonesa y Dos Tazas de Café.



①Because we don’t come into this planet simply to develop, just like that, indiscriminately. We come into this planet to be happy.

②Development can’t go against happiness.

It has to work in favor of human happiness, of love on Earth, human relationship, caring for children, having friends, having our basic needs covered. Precisely because this’s the most precious treasure we have happiness.

③The Mayonnaise Jar and Two Cups of Coffee.

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。