Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

1月26日(380日目:338日目) 日本語教室用の資料作成

日本語教室用の資料作成


一日中、雨が降ったり止んだり。

今日は1日を通して日曜日の日本語教室用の資料作成。

先週の一言フレーズの内容をExcelで一覧表に。

英語も習ってるらしいから、参考になればと思い、スペイン語、英語、日本語(ローマ字)で。

配属先の職員や先生達は英語を学んでる人が何人かいる。

確認すればもっと沢山の人達が英語を学んでいるかも。

私は外国人だから、よく「英語は喋れるのか?」って聞かれたりする。

喋れるなら練習相手になるかなって感じで見られる時もしばしば。

今日、とある職員に「Can you speak English?」って聞かれて、

普通に「Puedo hablar inglés poco.」って答えそうになり、

「I can speak English a little.」って答えようとしたら、

「I can hablar inglés poco.」って言ってしまった(笑)

で、こいつは英語喋れないなって顔してきた。

元々英語力は低いけど、あなたよりは上だよって思ったけど、英語での比較級の言い方が思い出せなかったから、自分の英語力はヤバい事になってるなって危機を感じた。

いかにも"自分は英語喋れるぜ"って感じでくるドミニカ人もいたりするけど、そんな人に限って英語力は日本の中1学習レベルだったりする。

ドミニカンスパニッシュ訛りの早口モゴモゴで英語喋られると、もはや何語か不明。

それでも英語を喋れるって自己主張してくるのは逆に感心する。

帰国したら英語の勉強をしよう。

スペイン語もそんな喋れないけど、もっと喋れる様に勉強しなきゃって自分を追い込むと気が滅入っていってしまうから、スペイン語学習は趣味のひとつ位のスタンスにしておけばいいかなって最近思う様になった。

語学学習は終わりのない生涯学習だし、帰国後も語学学習を継続していけば、今のボランティア経験は何かしらの社会還元に繋がっていくだろうと思う。

2020年には東京オリンピックが開催されて、野球とソフトボールは私の地元開催らしいから、私のスペイン語で何かしらの協力が出来たら良いなって妄想中。


ランチ。

去年行きつけだったコメドールが違う店名のコメドールに変更されてた。

試しに入ってみたら経営者も変っていて、去年までのは潰れた様だ。

1〜2ヶ月位の短期経営だった気がする。

客もそこそこ入ってたのに閉めたって事は、"ちょっとお金貯まったからもうやーめた"って感じかな。

この国には、ちょっとお金が貯まるとすぐに仕事辞めちゃう習慣がある。

今回のコメドールは雰囲気、品揃え的に現状のままでは直ぐに潰れそう。

数メートル先に人気のコメドールがあるのに、そことの比較調査はしないで何となくオープンさせた感じ。


活動後のプライベート日本語教室は生徒さんの都合で急遽明日に変更。

午前中の英語の件でちょっとモヤモヤ感があった中で、偶然にも生徒さんが英語文でのメッセージ。

流石、英語の先生、英語で話してる時にメッセージ送ったから無意識に英文になったらしい。

それに乗っかり英文で返してみる。

簡単な文章なら英文でもまだいけそうだなってちょっと一安心。

で、生徒さんが日本のカレールゥを入手したから、明日生徒さん宅で一緒にカレーを作りましょうって事に。

なので、帰宅後に一休みしてから散髪に。

最近散髪に行ってなかったから、結構伸びてきてた。

いつもの様にお任せでカットしてもらったら、今回はもみあげパッツンされた(笑)


①英語を知っていて損は無い。

②新しいコメドールの今後に注目中。

③さようなら、私のもみあげ。


①No se pierde nada con saber inglés.

②Estoy prestando atención al futuro del nuevo comedor.

③Adiós, mis patillas.

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。