Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

5月29日(503日目:461日目) COLMADI: 5S

COLMADI: 5S


午前中前半、

カウンターパートから「9時から会議があるから一緒に出席しなさい」って。

時間を聞いたら「30分位だと思う」って事で、靴縫製科の先生に会議終わったら出席しますって伝えて会議開始を待つ事に。

ひたすらに待って、始まったのは9:40頃から。

出席者は各科の責任者達とプロジェクトリーダー。

で、何のプロジェクトの会議かっていうと、"5S"。

5Sの会議するのに開始が40分遅れる時点でドミニカ人は5Sを理解していない。

そして、カウンターパートは私の事を「こいつはスペイン語を知らない」って頼んでもいない紹介をする。

そのレッテルキャンペーンのせいで、配属先で私と面識が少ない人達には"スペイン語を知らない日本人"として扱われてる。

ホントいい迷惑。

会議で5Sに否定的なのはカウンターパートのみ。

"掃除に時間を使いたく無い"って主張。

だから、この配属先内では自動車整備科のみが圧倒的に汚い。

汚くするから掃除に余計に時間が掛かって手間になるって事をわかっていない。

そもそもカリキュラム自体もダラダラしてるんだから、掃除する時間なんて沢山ある。

今回の会議が初回だったから、"各科の責任者がリーダーとしてで5Sに取り組むプロセスを始めましょう"って内容だったけど、カウンターパートは全くやる気無いから私に「お前が5Sやれ」って丸投げ。

私が始めたら、先ずはカウンターパートをこの組織からClasificarするのが5S定着に一番効率的って主張するけど。

結局、午前中前半は無駄な待ち時間で半分以上潰れた。

この配属先機関は10年前にJICAの協力で5Sのテキスト作ってるけど、作る事に満足して終わりパターン。

もしくは、過去に政権が入れ替わった時にここの機関のトップも入れ替わって5Sそのものが無かった事になったか。(この国は政権が入れ替わったると、各機関のトップも入れ替わり、それまでのプロジェクトは白紙になる。まぁ、この国は政治自体が腐敗してるからどの党が政権握ろうと発展しない事に変わりはない。)


午前中後半、

手縫いの練習が始まってた。

作業台は沢山あるけど、半分以上は壊れたまま放置されてるので、皆んなが一斉に実習する事が出来ずに作業台の順番待ち発生。

私も順番待ちしつつ、ちょっとした事をアドバイスしたりして、結局私は実習する事なく本日終了。

先生が最後に掃除の声掛けしても誰も掃除を始めない。

なので私が1人で掃除開始。

そしたら、何人かの生徒さんは掃除を少しし始めた。


ランチ。


午後、

鈑金塗装科の先生からチェロキーの車体接合に手を貸してくれって事で、作業のサポート。

「夜間の先生の接合作業が良くない」って言って、接合部をカットして溶接し直し。

で、ドアを取り付けてして、"ドア建て付けの隙間が悪い"ってなって、フレーム修正機で引っ張ってみたり、溶接をまた剥がして隙間を広げて溶接してみたり、完全に目分量。

メジャーが置いてあるけど一切使わないから、先生に「何で長さ測らないの?」って聞いたら、「最初に測ったから全て分かってる」って。

いやいや、何言ってんの?

最初にキチンと測って全て分かってたら、こんな何回も切ったり繋いだりの行き当たりばったりの作業繰り返すはずないじゃん。

で、何回も切ったり繋いだり、引っ張ったりして、私の定時までにはまあ何とか先生の納得する状態になった。

私的には残念な状態でしかないけど、それがドミ共クオリティ。


活動後、

プライベートクラスへ。

今日もマック。

相変わらずスムージーは何回も言わないと通じない(笑)

今日は20課を終わらせて、雑談。

マックで周りの人達を見ていて分かったドミニカ人のゴミに対する意識、"床に落とした物(ゴミ)は拾わない"。

掃除する人(店員さん)がいるから落としても拾う必要は無いってスタンス。

だから、店員さんが掃き掃除すると紙クズや食べ散らかした物などが大量に出てくる。(そもそもドミニカ人の食べ散らかし方はひどい。)

店内でもこれだから、清掃員のいる路上でもきっと同じ考えで行動しているんだと思う。

だからドミ共の通りのそこら中にゴミが落ちてるんだと思う。

5Sに取り組む以前に、この国は道徳的な教育レベルを底上げしていかなとダメでしょ。


日本にも同じタイプのキチガイはいるけど。

昔、高速道路のパーキングエリアの自販機の前でコーヒー飲みながら休んでたら、清掃員のおばちゃんに話しかけられてグチを聞いた事がある。

ひどいポイ捨てをする人がいたから、おばちゃんはゴミ箱に捨てて下さいってお願いしたそうだ。

そしたら、その人は「ゴミが落ちてなかったらお前の仕事がなくなるだろ、だからオレはお前の為に仕事を作ってやってんだ」って言ってきたらしい。

完全にキチガイ。

それ以外にも処分が面倒な粗大ゴミをパーキングに捨てに来る人や、家畜運搬車が途中で死んだ家畜を捨てて行くとか、日本のキチガイはドミニカ人よりタチ悪い。

ついでに、おばちゃんからは「こんな事で余計な仕事増えてるのに給料は減らされたのよ」って、ゴミのマナー問題以外のグチも出てきた(笑)

通りすがりの私にそこまで話すって、よっぽどのストレスで誰かに聞いて欲しかったんだろうなって思った。

私なら話聞いてもらえると思って話しかけたんだろうけど、その時の私はどんな雰囲気を出して休んでいたのか。

縁側で日向ぼっこしてるおじいちゃん感かな(笑)


①ドミニカ人は5Sの事を"colmadi"って読んでる。

Los dominicanos llaman a 5S "COLMADI".

Dominicans call 5S a "COLMADI".

C: clasificar

O: organizar

L: limpiar

MA: mantener

DI: disciplina


②日本人とドミニカ人では"測る"の概念が違う。

El concepto de "medir" es diferente entre japonés y dominicano.

The concept of "measure" is different between Japanese and Dominican.


③日本人にもクレイジーな人は存在します。

También hay gente loca en japonés.

There are also crazy people in Japanese.

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。