Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

9月4日(601日目:559日目) ¿Te gusta Rep. Dominicana?: 不毛な質問

¿Te gusta Rep. Dominicana?: 不毛な質問


午前中、

スペイン語学習しつつ、事務所に出入りして休憩してる先生とお喋り。

鈑金塗装科の先生とアライメント授業の共同開催の話を受けるも責任者のカウンターパートがいないから話は進まず。

機械科の先生の方が日本に来てる台風について詳しかった。

別の機械科の先生、定期的に"ドミ共は好きか?"って聞いてくる。

で、"ドミ共は好きだけど日本の方が好きだ"って答えると、その私の意見を論破してこようとするけど、そもそも好き嫌いは実際に感じてる事であって、それを論破しようとするのには無理がある。

ドミ共の良いところを力説してくるけど、

その内容が、"ドミ共に沢山の法律があるけどそれを守らなくていいのがドミ共の良いところなんだ。だから外国人はドミ共が好きなんだ。"って、発想がぶっ飛んでる。

法律はより良く生活する為のガイドラインの様なものであって、それを侵害するから法律が厳しくなったり多くなったりするのに、それを守らなくていいって発想で行動してるのはヤバい。

それは"自由"では無くて"無法"だから。

法律でそんな考えなんだから、個人間の約束なんて気分次第でブッチするのは当たり前ってなるわな。

慢性的な交通渋滞も、自分勝手なドライバーが多いから引き起こされてる部分もあるのに、エゴと視野の狭さでそれに気付いていない。

ドミ共にはそういう発想で生活してる人が日本より多くいて、それがめんどくさいからドミ共より日本の方が好きなんだけどね。

私が良くないと思ってる事をドミ共の良いところだと熱弁してる時点で話の折り合いは遠そうだ(笑)

鈑金塗装科ではCR-Vの鈑金修理中。


12時からスペイン語授業。

私のお気に入りの先生が10月1日〜15日にバカシオネスだって事を教えてもらった。

来月はコース変更して回数を減らそう。

授業後、ランチ。

今日の肉は牛レバー。

帰国したら、地元の美味しい焼き鳥屋さんにレバー食べに行こう。


午後、

授業の復習ノートを作成。

今週末の盆踊りの為の五円玉アクセサリー制作。

始める時期が遅かったし、週末に予定が立て込んでたから進捗がかなり遅い。


19時からセントロレオンで日本大使館主催の日本映画上映会。

サンティアゴ隊員達と日本語クラスの生徒さんと映画鑑賞。

今日は"武士の献立"。

日本語音声、スペイン語字幕。

時代劇だけあって、生徒さんには理解出来ないかった言葉があったらしい。

ドミニカ人にとってはストーリーが単調だから飽きるのか、いびきかいて寝てる人もいた。


帰宅後、

どこからか入って来たのか、生息していたのか、部屋でゴキブリを目撃、しかもちょっとデカイ。

即、退治。

窓は網戸付きのしか開けないから、侵入経路は謎。

そして、再びアクセサリー制作。



Momotaro (1/8) 老夫婦と桃

Érase una vez, en un lejano lugar, una pareja de abuelos.

El abuelo fue a la montaña a recoger leña mientras que la abuela fue al río para lavar la ropa.

Cuando la abuela estaba lavando ropa vio un enorme melocotón flotando río abajo, entonces dijo:

-“Si eres melocotón dulce, ven aquí.”

Si eres melocotón amargo, vete.

Y el melocotón fue flotando hacia la abuela, quien lo recogió y lo llevó a casa.

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。