Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

9月7日(604日目:562日目) La information forjada.: 捏造情報

La information forjada.: 捏造情報


午前中、

鈑金塗装科の先生達とお喋り。

その後、五円玉のデザインの説明を作成。

五円玉アクセサリーの説明は去年使ったのをそのまま使いまわし。

昼前頃から事務所の掃除が入ったので、早めにランチ。


昼休みにオフロード仕様の車発見。

サイドブレーキワイヤーは、取り付けずに垂れ下がってる状態。


事務所隣りのアグアカテの木に実がなっていたので、1番低いアグアカテを椅子に乗りデッキブラシで叩き落として一個ゲット。


午後、

五円玉アクセサリー作り。


帰宅後、

居眠り。


夜、

サンティアゴ配属になったシニアボランティアさんの歓迎会、一旦帰国する専門家さんの送別会(的な)とドミ共に旅行に来てる元ボランティア先輩隊員さんとの食事会を織り交ぜた夕食会。

そこで他期のボランティアさんと話して判明した事が。

私と特に交流が無いであろう隊員が私の性格を勝手に想像してそれをあたかも真実の様に流してるって事を知る。

良く評価して良い感じに流してくれるならまだしも、そうではない様で。

発信者的には楽しいんだろうけど、どういう真意でそんな事をしてるのか発信者に直接聞きたかったけど、発信者は特定する事が出来なかった。

JICAボランティアは各分野のスペシャリストの集まりだけあって、精神構造もスペシャリストな隊員がいる様です。

なんとかとなんとかは紙一重ってやつだな。


5円玉アクセサリー作りの進捗が良くないので、私は1次会のみで帰宅。

帰宅後、アクセサリー作りをして、とりあえず合計30個作成。

今回、一個作るのに40分はかかってたのでかなり疲れた。

盆踊り来場者の思い出の1つになるかと思ったのと売り上げを学校運営に寄付しよと思って作ったけど、そんな動機でも無ければこんな重労働はしない。

今回は製作開始時期が遅過ぎた。

出店許可出る前から作っておけばよかった。



Momotaro (4/8) 旅立ち

Un día Momotaro les dijo a los abuelos:

- Gracias a ustedes he crecido muy grande, por ello iré a combatir a esos diablos que viven en la isla de los diablos.

Por favor, prepárenme kibidango* más rico de Japón.

Los abuelos no quisieron que se marchara, pero como Momotaro no les oía, le prepararon muchos kibidangos y se las colgaron a la cintura.

Con una nueva cinta en la cabeza, una espada, ropa nueva y un telar que decía:

“Momotaro, el más fuerte de Japón”, Momotaro se marchó.

*kibidango: dulce japonés preparado con cereal

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。