Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

9月19日(616日目:574日目) No están interesados mucho en mí.: ふーん。

No están interesados mucho en mí.: ふーん。


午前中、

昨日から実習場の棚が塗装されて放置中。

棚塗装は配属先トップの指示で動いたんだろうけど、これをきっかけ自発的に整理整頓に取り組んで欲しい。


4柱のロック解除レバーを取り付けてくれたけど、斜めに下がってそのまま放置中。

おそらくは、元々は電磁ソレノイドの不具合でロック解除作動が不調だったのを、ドミ共特有の、"不具合の時はとりあえず配線ぶった切る(ぶった切ってそのまま放置する事も珍しくない)"で、余計なトラブルを増やしてる気がする。

配線は切ったままだし。

で、下げる為に油圧ラインを緩めてオイルを流出させて無理矢理下げるって悪知恵を使ったりもする。

そんな手法がスタンダードなせいか、エンジンクレーンのシリンダーにはエアがかなり混入してて、エア混入のせいでアームがポヨンポヨン上下する。


学科長と遭遇して、私の活動の事を聞かれたけど、現状ではやる事が無いって事を伝えた。

そしたら、学科長の結論は"ふーん"。

私は何の為にここに居なければならないのだろうか?


12時からスペイン語授業。

今日はテキスト。


午後、

DELEの試験対策資料をネットから収集して、DELE A1のボキャブラリー学習。

A2の試験問題を軽く眺めてみたけど、A2ですら取得出来るのか疑問に思えてくる。


帰り際、とある仲の良い先生に、"私はやる事ないよー。"って話したら、"ボランティアなんだからやる事なくてもいいんじゃない、周りを観察してたら。前のボランティアは意欲あったよ。"って、どストレートに翻訳すると私に対するフォローとディスりにとれるけど、彼は私が内容を理解しやすいように簡単に言ってきてくれるから、"もっと意欲出して気楽にやって行きなよ"って意味で言ってくれたんだなって前向きに解釈。


帰宅後、

爆睡。

洗濯。

ボキャブラリー学習の続き。



黒を使った表現

tener la negra(運が悪い)

tener un día negro(厄日)

ver todo negro(ネガティブマインドに陥る)

pasarlas negras / vérselas negras

(困難な時期を過ごす)


白を使った表現

estar sin blanca(お金がない)

quedarse en blanco(絶句する)

tener la menta en blanca(何も覚えていない)

blanqueo de dinero / blanqueo de capitales

(マネーロンダリング)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。