Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

11月4日(662日目:620日目) Me gustaría que legisle un reglamento contra los ruidos.: 騒音がクソ過ぎる

Me gustaría que legisle un reglamento contra los ruidos.: 騒音がクソ過ぎる


午前中、

部屋の掃除。

その後、配属先近くのスーパーへ。

店内にはクリスマス用品が沢山。

高級ロン、コーヒーメーカーのパッキン、シリコンガスケットを購入。

ここのエリアの特性上、客層は中心部と違うから、ガラスケースから高級ロンを出してもらってる時に寄ってきて私にもこれを買ってくれって絡んできた。

ここではレジまで自分で持って行って長蛇の列に並んで待ってたから、誰が見てるかわからないから高価な物は警戒しながら買わなきゃならない。


ランチは配属先の向かい側にあるお馴染みのコメドール。

日曜日に普段着で来たからちょっと驚かれた。


帰宅したら、隣が昼間からうるさい。

静かな住宅エリアの中で、隣がドンピシャでうるさいとかマジで災難。

とりあえずコーヒーメーカーのパッキン交換して早速コーヒー。

最近ではパッキンが割れて液漏れしてたから、これで快調。

高級ロンをセールで二本購入したから1000ペソも得した。

スーツケースにパッキング。

流石にロン二本は重い。

帰国時のパッキンの為にポータブル重量計を持って来て良かった。

重量調整に大活躍。


一休みしながらYouTubeでダーツコンペ鑑賞。

最近、YouTubeでダーツコンペと千鳥の番組ばかり観てる気がする、


夜、隣人が更にうるさい。

騒音源から近い寝室ではとても寝れたもんじゃないから、騒音から1番遠いリビングの端の床にヨガマット敷いて横になる。

ドミ人は名前がわかるものでも"vaina(名前がわからない物を指す時に使う言葉)"って連呼しまくるのがウザい。

声もいちいちデカイし。

夜中にデカイ声でvaina連呼はマジウザい。

名前わかってるんだから名前で言えやって思う。

少なくとも深夜2時迄は余裕でうるさかった。

それ以降は騒音からの現実逃避で意識無くなったから、隣人達が何時迄騒いでいたのか不明。


ここは静かに過ごす人達のエリアなんだから、うるさいのが好きな人はうるさいエリアに住めば良いと思う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。