Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

11月16日(674日目:632日目) Ellas deben abstenerse de las palabras.: 言葉を慎むべき

Ellas deben abstenerse de las palabras.: 言葉を慎むべき

午前中、
カウンターパートからJICAパソコンのバッテリーが来週火曜日に届くぞって連絡を受ける。
半年前に申請して、担当部署からはドミ共には無いからアメリカから取り寄せる事になるから到着まで2週間掛かるって言われ、その後バッテリーが見つからないって言われ、カウンターパートは定期的に担当部署に連絡をして、今に至る。
今度こそ本当に来週の火曜日に来るんだろか。

もう卒業時期だし、自動車整備科は閑散としてるので見る事は特にない。
鈑金塗装科では社有車の塗装の仕上げ段階。

旧車はルーフのサビ落し完了、サビのせいでルーフに穴開いてた。


カフェテリアは別の科がイベント準備中。


ランチ。

昼休み構内を歩いていたら、縫製科の実習棟の雨どいの修理してた。
以前から雨漏りしてるのがずっと気になってた。
よりにもよって階段の真上の繋ぎ目からの雨漏れで、階段がピンポイントで濡れて滑りやすくなってたのでやっと修理したかって感じ。
修理されることは無いと思ってたから、奇跡的な出来事を目撃した気持ち。
修理って言っても、繋ぎ目にコーキング剤を塗ったくってるだけでだったけど。


午後、
靴縫製の実習場へ挨拶に言ったら、先生が"何でコーヒー持ってこないんだ"って調子こいた発言。
親切心でたまにコーヒー持っててあげたりすると、直ぐに付け上がって失礼な態度に出てくる。
更には中国語の真似してバカにしてきたから、会話せずに実習場を去ろうとしたら、"待ちなさい、こっちきなさい"って言ってきたけど、バカにされた挙句に言いなりになってやる程お人好しじゃないから、背中向けたまま"良い週末を"って皮肉を込めて言って、実習場を出た。
この配属先の先生で、私に対して中国語の真似してバカにしてくるのはこの先生だけ、悪ふざけの質が低過ぎ。

鈑金塗装科では三菱車のボコボコしてるルーフをガスで加熱させて、叩いて修正してた。


整備科では電装関係の実習をしていて、実習を見ながら写真を撮ってたら、脇で座ってた先生が急に生徒さん達の脇に立って、実習指導してる感じで撮れって指示してきたから、先生が脇に立ってる(だけ)の写真も1枚。
先生はわざわざ写真を確認して、写り具合をチェック(笑)


帰宅後、
モニュメントをランニング。
ランチがコメドールだったから胃が重い。
結果、10周で27分10秒。

夜、同期と久しぶりにちょっとお喋りしようと思って交番のある公園へ。
公園で合流するも、トラブルにより約2時間無駄にしてしまった。
その無駄にした時間でブログ1日分更新出来たけど、その2時間でフル充電したバッテリーが尽きた。
バッテリー劣化問題の事態は想像以上に深刻だ。
トラブル経過後、同期の任国外旅行の土産話を沢山聞いた。
約3時間のお喋り。

帰宅して充電器に繋いで置いていても、再起動するまでの充電量になかなか到達しないので、再起動させるのを諦めて寝る。
×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。