Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

11月21日(679日目:637日目) Viajo por Barahona (1/3): バラオナ旅行 (1/3)

Viajo por Barahona (1/3): バラオナ旅行 (1/3)

午前中、
5:30頃に連絡所を出発してCaribe Tourへ。

6:15発のバスでバラオナへ出発。
カリベのバスは久しぶり。
相変わらず凍える程に寒い。
9:30頃にバラオナに到着、バラオナの同期隊員と合流。
ちょっと用事を済ませて、ラリマール探しの為にラリマール鉱山手前の村へ。


途中、ランチを食べようと思ってたレストランがまだ開店してなく、ちょっと浜辺を歩いてから再び村へ向かう。

村で唯一っぽいレストランでランチ。
普通のPlato del díaだったけど、2食とビール2本で650ペソと想像以上の価格。

食後、ラリマール組合へ行き、ラリマール加工の見学とラリマール探し。


お土産に置物用の原石の塊が欲しかったので、加工前の塊が入ってるバケツをひっくり返して、物色。
お土産に配る為に、ブローカーばりに大量に購入。

その後、配属先が関与している学校へ。
昨日卒業式が終わったばかりなので、クラスは1月から開始との事で、残念ながら実習見学は出来なかった。

その後、
バラオナに戻り、朽ちた座礁船と機関車を見て、同期の活動拠点であるラリスタ村へ。

ラリスタ村は木工家具産業の村で、各家庭で工房を持ち、それぞれに家具を製作して販売してる。
そして、1日の半日は電気が来ていなく、私が到着した夜は停電時間中で通りは真っ暗。

バッテリー備えている家は停電中も電気は使える、同期の家にはバッテリーがあるので明るいしテレビも観れる。
同期のホストファザーと一緒にテレビで野球観戦。
どこのチームが好きなのか質問したら、"以前はリセイのファンだったけど、今は勝つチームのファンだ、それだといつも勝つ気分を味わえるからだ"って、予想の斜め上をいく答えが返ってきた。
もうチームどうこうじゃなくて、とりあえず野球が好きって事で(笑)
ピッチャー投球数が1イニングを20球以内で良い投手かどうかの判断をしていたのが印象的だった。
私は野球は特に興味ないので、野球観戦を程々にして同期の部屋へ。
同期の部屋にはそのバッテリー電源が供給されてないので、懐中電灯で照らしながらお喋り。
同期のお土産の人形とラリマールが並んで謎の雰囲気。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。