Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

11月22日(680日目:638日目) Viajo por Barahona (2/3): バラオナ旅行 (2/3)

Viajo por Barahona (2/3): バラオナ旅行 (2/3)

午前中、
村は停電中なので、とりあえず近くの湖へ。

途中、沼を歩く。
枝が敷かれてるから何とか歩けるけど、枝を踏み外すと沼に足がズッポリ。

湖では釣りも出来るとの事だけど、今日は魚いなくて釣れないらしい。

湖畔を散歩して、また沼を歩いて戻る。


一旦、同期の家に帰って、足を洗って、村を散策しながら村の小学校へ行って、クラスを見学。

同期は子供達にも大人気で、皆んなから"Ko-ki‼︎, Ko-ki‼︎"って名前を呼ばれまくってた。
"〇〇は日本語でなんて言うの?"って質問責めに合う。
小学生ならではの"チ◯チンは日本語でなんて言うの?"って質問もあれば(笑)、"日本の大統領の名前は何?"ってすごい質問も出て驚いた。
小学生から政治に関心を持ってるってすごい。
こんな子がドミ共の将来を良くしていって欲しい。
そして、ちゃっかり学校の給食を頂く事に。

子供達は給食用に皿やタッパーを持参してきてるけど、同期と私はその様なシステムを知らないので持ってない。

そしたら、先生が子供のプレートを取り上げて、私達に給食を出してくれた。
申し訳ないので、さっさと食べてプレートを返した。

再び村を散策しながら、家に帰って昼寝。

昼寝後、村から少し離れたところにある昔日系移民が入植していた地区へグアグアで行く。
運賃を軽くボラれた。
木造の古い家が当時移民者達が住んでいた家らしい。

そこにある学校の名前は当時の名残りで”El Japón”、今はドミニカ人の為の普通の小学校。

通りで会ったドミニカ人の顔は、どこか日本人の雰囲気もあったので、日本人の血が入ってるのかも。
ぐるっと1周して、
昔スペイン人が住んでいたエリアの向かい側にある荒れ果てた野球スタジアムを見て、

グアグアが来るのを待って、村に戻る。
帰りのグアグアではボラれずに済んだ。

村で唯一のポジョフリト屋でポジョフリトを食べながら休憩。

電気が供給され始めてたので家具工房を見て回る。

途中、自家製ジュースを出してくれる家にジュースをご馳走になりに行く。
そしたら自家製ジュースを作る為の砂糖が無いから砂糖を買ってきて準備するからまた後から来てって事で、また来る時間の約束。
19時って約束したけど、その時に"ドミニカンタイムの19時?それともアメリカンタイムの19時?"って確認された。
ドミニカンタイムだと19:30位で、アメリカンタイムだと約束通りの19時ちょうど位って事らしい(笑)
アメリカンタイムの19時に再びお邪魔してジュースをご馳走になる。
美味しい。
自家製おやつも出してもらった。
ココナッツとピーニャと何とかっての(名前を思い出せない)をミキサーにかけたおやつで、これも美味しい。
ポジョフリト食べて、
ジュース2杯飲んで、

夕食にパスタとパン、
更には寝床と食事の感謝の気持ちであげたアグアカテも出てきて、もうお腹いっぱい。


食後に軽くビール飲みながらお喋りでもしようと思ってたけど、満腹でゴロゴロ、停電にもなり、暗い部屋でお喋りしながら早めの就寝。

この村は半日停電でボロい建物も多かったりするけど(シャワーが外の掘っ建てトタン壁だったり、シャワーと言っても細いパイプから水が流れ落ちてるだけ)、村人達は今の環境を受け入れてほのぼのと暮らしてる。
この村では今に満足してて発展させるのが難しい、私の配属先は金は持ってるのに先進国からの金と人的支援に自分達の発展を丸投げしてやる気ない、それぞれに違う難しさがある。
日本人からしたらこの村での生活は不便で、ボランティアの活動成果を上げるのは難しいだろうけど、都市部のボランティアより楽しそうな雰囲気を感じた。

でも、先進国の人が貴方達を発展させる為に来ましたっていきなり来ても、生活インフラ、工房設備、本人達の満足度などを踏まえると、その発展は本人達の気持ちを棚上げした先進国のエゴなんじゃないのかなって、この村では感じた。
木工隊員が配属されてるけど、問題は木工組合とマーケティング展開の隔たりだと思う。
今の設備で先進国並みのクオリティを作るのは難しい、安いプラスチック製品や外国の安い製品に価格競争では負ける、今の品質でも国内マーケティング展開を上手く出来れば販売個数は稼げると思うけど、仮に大量受注がきても半日停電の状況では生産性に影響が出る。
とりあえず政府がインフラ整備を整えて、マーケティング分野のコミュニティ開発隊員が来たらまた違う化学反応が起きそうな村。

村を同期と一緒に回って、同期の受注商品(ボランティア隊員向け)に対して請負者が"品質"をよく口にしてるのが印象的だった。
職人に品質意識を芽生えさせたってのは木工隊員ならではの活動成果だと思う。
ドミニカ人なら買うからドミニカ人に売るって言ってたけど(笑)
×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。