Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

12月19日(707日目:665日目) Pico Duarte, Día 3, Ataque a la pico: 登山3日目、山頂アタック

Pico Duarte, Día 3, Ataque a la pico: 登山3日目、山頂アタック

山小屋から山頂までは13km、目標は山頂で日の出を見る。

深夜12時過ぎに起きて、ストレッチ。
チョコラテ飲んで、歩きの選抜組が1:20頃に出発。


ヘッドライトの灯りを頼りにひたすらに登る。
出発時は寒くなかったので、いつもの装備。
むしろ登りで汗かいて暑い位だったので、2時頃の休憩時にジャケット着てたメンバーはここで一旦脱いで再出発。


歩く事一約時間、3時過ぎた辺りから放射冷却が始まり急激に冷え込んできたので、レインウェア上下着用、タオルを首に巻いてネッグウォーマー代わりにしてひたすらに登る。

5時頃にPico La Paloma通過。
ここからPico Duarte山頂までは3km。



5:30頃に最終山小屋 Vallacito Lilisに到着。


そこでムロ組の到着を待つ、動かないから余計にめちゃくちゃ寒い。


凍える様に待つ事約30分、6時頃にムロ組到着。
いよいよここからは皆んなで歩いて山頂アタック。


夜明けまでに登頂出来るのか微妙な時間帯。
6:30頃には薄っすらと夜明けが始まり、それをわき目にひたすらに登る。



7:30頃に山頂到着、何とか日の出に間に合った。



3087mの高さから眺める景色は最高だった。

登山にハマる人の気持ちがちょっとわかった気がする。



8時頃から登頂から下山開始。
日陰にはまだ霜が残っていた。



8:30頃に山小屋まで降りてきて、朝食にパンとチーズ。


9時過ぎに山小屋出発。
9:30頃にLa Pelona通過。
慣れてない登山とペース、登頂へのメンタルが無くなり急激にバテ始めて、私のみ一気にペースダウン。
La Hamacaを11時前に通過。
スタミナ切れで降りの着地衝撃を上手く流せなくて関節で支えるから膝と腰が痛い。
もうムロも行っちゃったし、歩くしかないからひたすらに歩く。


13:30頃、皆んなよりかなり遅れて最後にやっと山小屋到着。
一息ついて、とりあえずランチのパスタを食べる。


一休みしてたら微熱(37℃位)と頭痛がしてきた。
おそらく、汗をかいてた状態で放射冷却を受けて一気に身体が冷えたのと体力消耗してたからだと思う。
なんだかんだで夜中から10時間位は歩いてるし。

ここで、今後のプラン変更の提案を受ける。
明日宿泊予約の山小屋に登ってくるグループと鉢合わせになるから明日一気に下山しようって内容。
山小屋を他グループとシェアすると小屋に入りきれない人は外で寝るって事と、他グループがいると盗難のリスクが発生するからガイドが荷物の配慮にも気を使わなければならなくなるらしい。

微熱と頭痛があるけど、敢えて川の冷水で水浴び。

17時頃に夕食。
この旅の楽しみの一つであるサンコチョ、昨日までいた鶏はサンコチョの具材へと。
ありがとう鶏達。


明日からの下山に備えて葛根湯の薬をもらい、風邪が改善する事を願いつつ21時頃に就寝。

12月のPico Duarteの寒さをナメていた。
最低でも、登頂アタックの時のインナーは速乾性があって冬用の保温性の高い物をチョイスしないと、体温低下だけでかなりの体力が削られていく。
それと、ロングタイツ履いててもハーパンはダメ。
そして、リップ塗っておかないと唇がボロボロになる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。