Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

9月19日(252日目:210日目)

活動210日目。
昨夜も背中の日焼けが痛いのでうつ伏せ睡眠。
今回は日焼けし過ぎた。
顔は早くも脱皮中。
部屋の扉を開けると、昨日の新聞が置かれていた。
ありがたい。
にしても、一日の新聞量が日本と比べるとかなり多過ぎな気がする。

配属先に行ったらバカシオネス中のカウンターパートが出勤してた。
バカシオネスが変更になったらしく、いつに変更なのかは未定らしい。
午前中、先ずはPCで気象チェック。
ハリケーンMariaがカテゴリー5に進化してて、しかも進路はハリケーンIrmaと同じ様な動き。
海沿いの隊員達は今日からの避難指示が出たらしい。
気象チェック後、実習見学。
電気配線図見ながら作業台の上に置いてあるバッテリー、ECU、スイッチ、センサー関係の配線制作。
休み時間に向かい側の金物屋さんで釘探し。
サンプルを持って行ったら、サンプルより長いのか短いのしか在庫が無いって事だったから短いのを20本オーダーして購入、合計7ペソ。
事務所に戻ってから確認したら、サンプルと同じ長さが14本、短いのが8本って謎の状態。

同じ長さのあったのね。
数が多いって適当さがあるけど、足りないよりはいい。
その後、パワポの資料に日本の自動車整備学校、自動車整備工場、日本で使われている工具等の紹介写真追加。


ランチ。
サンティアゴ隊員にはまだ避難指示は無いので、とりあえずはスーパーで家用の飲み物だけを購入。


午後、新入生の実習見学。
基本的な機械工作。

四角に切り出された鉄板に縦横それぞれ15㎜間隔でラインを引き一辺15㎜のさいの目状のラインが完成。
縦横ラインの交点にポンチでマーキング。
鉄板へのけがきの際、けがき棒が無いから弓のこの刃を折ってけがき棒の代わりにしてた。


けがきが終わったら、縦横ラインの交点にポンチでマーキング。

その後、たがねで中をラインに合わせてカット。


帰宅後、メール確認したら、今回のハリケーンでの避難指示に関するメールが。
私の住むサンティアゴは避難ではなく、木曜日~金曜日に自宅待機の予定との事。
明日はスーパーで野菜の特売日だし、避難で暫くは部屋空けるかもって思って野菜の置きを減らしてたから、昼休みにちょっと見て来よう。
今回は自宅待機なので、浸水した時に溜まりきる前に掃き出しが出来る。
夕食後は、ひたすらに任国外旅行の為の情報収集。
情報収集に長時間使い過ぎて、新聞を読む時間とメンタルが無くなったのでそのまま就寝。


①Clavo(釘)が前回は発音のせいで伝わり難かったから、今回はPuntaで言ってみた。Puntaでも通じた。
②デジカメ使ってると記録感が出るのか、携帯での撮影よりウケがいい。
③今回は避難生活にならそうなので良かった。

9月18日(251日目:209日目)

活動209日目。
昨夜は背中の日焼けがヒリヒリし過ぎで仰向けで寝られなかった。
朝、出発前にiPhoneの作動確認。
やはり電源は入らない。
朝イチ、配属先運転手さんに「iPhone壊れたんだけど修理出来る店ある?海に落として全く機能しなくなったー。」って質問。
そしたら「海水に落としたの!?それは逝ったね。」って(笑)
そして「帰りに店に連れていってあげるよ。」って事で、ダメ元で持って行ってみることに。
今日から(先週土曜日から)カウンターパートは2週間のバカシオネス。
整備科の先生ですらその事を知らない人もいて、連絡体制がホントなってない。
午前中、実習を見学。
実習場のベンチエンジンレイアウトが綺麗に配置されてた。
いかにもな感じで並んでいるけど、部品盗られて全て機能しないけど。

そして、今までなかった大型テスターも置かれていた。

先生が試しにオルタネーターセットして使おうとしてたけど、使い方がわからずに断念してた。
その後はATミッションO/H見学。


ランチ。
ランチ後に久しぶりに英語に触れてみる。
元々英語力が低かったのもあり、スペイン語学ぶ前は”日本語を英語に変換”だったけど、今は”スペイン語を英語に変換”になってた(笑)


午後、パワポの写真を追加しようとしたら、写真データはiPhoneの中だった、データは移行してない...。
再びネットで写真検索。


帰りに携帯修理店へ。
手際よくiPhoneを分解して点検、清掃、作動確認。
30~40分程して「終わったよ」と事だったので話を聞きに行ったら、「完全に逝ってるから修理不可能」との事。
修理不可能だったから分解清掃工賃はかからなかったけど、修理不可能なのは残念。
自分の認識の甘さが原因だったから仕方ない。
帰宅したら部屋の扉の前に新聞が置いてある。
大家さんに電話して確認したら、私の語学学習の為に新聞をシェアしてくれてた。

来月の家賃支払い時にまたもらおうと思ってたから、その優しさに感謝。
お礼を伝えた時、「雨の時はしっかり戸締りするんだよ」ってアドバイスも受けた。
なんのこっちゃと思いながらも「ありがとう」って伝えて、部屋でPC立ち上げてメール確認したらJICAからのメールが。
ハリケーンMARIAがドミニカ共和国を通過するから、状況によってはまた避難指示を出すかもしれないとの事。
最接近は木曜日。

大家さんの言ってた事はこの事かと納得。
先日の首都での避難生活でバイオリズム狂ってから身体が動きにくくなって、まだ改善してないから避難したくないなー。
ハリケーンの雨だと部屋が浸水するから、帰宅してから浸水しきった状態からの水掃きは手間だし。
とりあえず、ランチ弁当を4食分+夕食作る。
今回のランチ弁当に試しに唐辛子を投入したらやたらと辛くなってしまった。
ドミニカ共和国でiPhone購入を検討しないと。


①昼休みに久しぶりに英語をかじった。
②辛いランチで生活にスパイスを。
③iPhone死亡確定で、ここから変革のスタート。

9月17日(250日目:208日目)

週末日曜日。
9時頃に起床。
日焼けがヒリヒリで痛い。
とりあえず、PC開いて薬局検索。
近くに日曜日営業してる店発見したので早速行ってみる。
歩いて10~15分、スタッフにエタノールあるか聞いてみる。
残念な事にエタノールはおいてないらしい。
「隣りの病院にあるかもしれないから聞いてみて」って言われたけど、日曜日だから病院も休み。
仕方ないからエタノール洗浄は諦めよう。
日本だったらエタノールとか当たり前の様に売ってるけど、ドミニカ共和国には家庭治療でエタノール消毒したり洗浄したりする文化はないのか?


帰宅して、窓に網戸取り付けしようかと思って準備始めたけど、コンクリート用の釘が太いために枠に使う木が割れてしまうトラブル発生。


何となく予想してたけどやっぱり無理だった。
なので網戸取り付けは延期にして、洗濯。
その後、ランチ。


午後は掃除、今回は2時間位で終わった。
掃除後は15日のブログ書き、持ってきた型遅れの中古品デジカメを引っ張りだしてきて15日用の写真を改めて撮影。
念の為に持ってきたデジカメがこんなかたちで活用する事になるとは思っても見なかった。
慣れてない事もあり、使い難い。
PCに転送する方法も分らず、ネットで説明書ダウンロードして写真転送。
そんなこんなしてたら、もう18時。


夕食は納豆掛けご飯。


タレは付いてないのは残念だけど、からしが付いてるのはありがたい。
日付不明の冷凍納豆とドミニカ米だと正直微妙だけど、伝統的な日本食を堪能。


食後はコーヒー飲みながら昨日と今日のブログ書き。
iPhone無いとちょこちょこ携帯いじりがないので時間の無駄な浪費がなく済むけど、iPhoneにインストールしたスペイン語辞典が使えないとちょっと意味確認したい時に不便。
配属先でも伝えてたい単語や気になった事をその場で直ぐに調べられて便利だったけど、これからはタイムラグが発生しそう。
何より、ポケットWi-Fiのデータ通信量が確認出来ないのが不便。
JICA支給携帯にデータ通信量確認のアプリをインストールしようとしたら、支給携帯にはそのアプリが適合しないらしく、断念。
目覚ましアラームも電卓もiPhone使ってたし、かなり依存してたって改めて実感。
連絡に使ってるGmailのアカウントパスワードが分からなくて、照会先も積んでるから、支給携帯に移行させる事が出来なくて業務連絡も不便になりそう。
LINEもWhatsAppも使えない。
iPhoneは除湿剤と共にジップロックに入れて乾燥中。
奇跡の復活ならないかなー。


①近所に日曜日も営業してる薬局を発見出来てよかった。
②iPhone逝って新たな生活スタイルのスタート。
③不便な時ほど柔軟な考えと対応。