Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

12月3日(691日目:649日目) Dar: 与える

Dar: 与える

今日もカウンターパートは来ていない。
もう3週間位は見てない。
これで明日の最終報告会もブッチしてきたらウケる。

午前中、
鈑金塗装科の先生に日本から持って来たノズル掃除用の工具をプレゼント。
ガスの火口をワイヤーブラシで掃除してたり、スプレーガンの噴霧状態が良くなかったりしてたから、これで少しは実習環境が良くなる事だろう。


その他、自動車整備科の先生達にはワークマンの作業用手袋をプレゼント。
この国にも似た様なのは売ってるけど、"日本から持って来たグローブだよ"って一言追加するだけで喜び倍増(笑)


いつもケチケチ言ってくる先生には2セット。
そしてボテジョンを2個あげる事を約束。(いつも大量のボテジョンを車に積んで配属先で水汲みしてて、ボテジョンを欲しがっていた)

事務所でパワポ作りしてたら、先生が明日持ってくるって約束したボテジョンを待ちきれなくなり、生徒さんをパシリに使って私を家まで送ってボテジョンを持って来させるって手段に出た。
生徒さんの車で家を往復して配属先に戻ってきた時には12:30頃。
その急かした先生は昼休みにの為に家に帰って居ないって予想通りのパターン。

ランチ。
久しぶりにいつものコメドール。

午後、
秘書さんに会いに行き、鈑金塗装科の先生ごが配属先の支援で日本に派遣されるって件を確かめる。
結果、そんな話は知らないって返事だったので、先生の妄想って事で解釈。

最終報告会用のパワポを作るも、パソコンの調子が悪くて作業途中でいきなりシャットダウン。
作業途中のが消えるとかホント萎える。
パワー自体も固まるし。
最終報告会のパワポ作ればあとはもうほぼ必要としないから、なんとか壊れずに持って欲しい。


帰宅後、
パワポ作りの続きと荷物まとめ。

12月2日(690日目:648日目) Fui a Jarabacoa: ハラバコア

Fui a Jarabacoa: ハラバコア

午前中、
洗濯1回目。
植物の観察。

9:30過ぎのグアグアでラベガへ。
その後、ハラバコア行きのグアグアに乗り継ぎ。
私の前で満員になり次のグアグアの満員待ち。
15分程で満員になり出発。
11時過ぎに到着。


そして日系の方の家へ。
何だかんだでこのルートも完全に習慣化した。


到着して、ツナギやシャツ、整備本、工具などを置き土産に渡す。
そして、登山用に寝袋、手袋、上着、水筒やデカイバックなどを借りる。
で、朝食をご馳走になりながら私が集めた整備関係のデータをコーピー。
所要時間約2時間、お喋りしながら過ごす。

途中、柿もご馳走になり、
ランチ時間になったのでランチもご馳走になる。
整備関係をコピー後、娘さん達にジブリ映画もコピーして、再生用のアプリもダウンロード。


一通りの用事を済ませて、15:30過ぎにおいとま。
17時にモニュメント前に到着。
先週末の大騒音イベントの撤収の傍らで、自転車のイベントが開催されていた。


サンティアゴのモニュメントからスタートで、プンタカナ迄の350kmのレース。

なかなかクレイジーなイベント。


帰宅して、
部屋の天井からの水漏れを大家さんに相談。
バケツで計ってたら24時間で10L位は漏れてきてる。


夜、
マングーが食べたくなり、コメドールに買いに行く。
途中、クソドミ人がバカにしてきた。
喋れない様に顎砕いてやろうかって思いながらスルー。


家に持ち帰り、
ストレッチとスクワットして、洗濯2回目。

食べながら最終報告会のパワポ作り。

12月1日(689日目:647日目) Visité Villa Tapia y Santa Ana: 同期隊員の村と配属先訪問

Visité Villa Tapia y Santa Ana: 同期隊員の村と配属先訪問

昨夜、モニュメントイベントでは夜通し騒音を撒き散らしていて、朝も騒音撒き散らしながらのマラソン大会。
"騒音迷惑"って概念がそもそも無い国だから、もうどうしようもない。


今日は同期と同期隊員の村へ訪問。
部屋を出ようとしたら、ドア周辺がかなりの量の水が溜まっていた。
天井からの水漏れ量が想像以上に酷くて、いつの間にやら部屋の一角が水溜りになっていてドン引き。
時間無いのでとりあえず放置して出発。
7:30頃にサンティアゴを出発して、8時頃にラベガのビジャタピア行きグアグア乗り場の公園に到着。
村へのグアグアは乗客ゼロ。
運転手さんからは"ベンチに座ってまってて"って言われたので、近くの病院内のカフェテリアでコーヒー購入してカフェテリアのおばちゃんとお喋り。
そのおばちゃんは日本人と中国人の顔の違いを見分ける事が出来るって言ってた。
そして、公園のベンチで休憩。
公園の木には一般的な家庭電話が設置されてた。
屋外公園の木に家庭電話ってなんともシュールな風景、雨降ったらどうすんの?って感じ。


8:45頃に満員になり出発。

9:15頃にビジャタピアに到着して、他隊員2人と合流して4人で迎えを待つ。


配属先の車で迎えに来てくれて、サンタアーナ村へ。
配属先を見学して、活動内容の説明を受ける。
家畜飼育、農作物、ミミズ堆肥など、農業隊員とパイナップルのマーケティング隊員が一緒なので、同期はしっかりと説明。
私は実家が農家なので聞いて面白かった。
活動の集大成とも言えるミミズ堆肥小屋への堆肥移動の手伝いも予定してたけど、時間が無くなり手伝いは取りやめへ。


同期の家の住んでる家も見せてもらい、その部屋に衝撃を受けた。
良くここで暮らしてたなって感心、メンタル半端ない。


ランチは同期のカウンターパートから振舞ってもらい、とても美味しかった。
食後のビールまで頂いて、めちゃくちゃ接待してもらった。


食後のお喋りして、ビジャタピアを少し歩いて、コルマドでお喋りして、16時頃にラベガへ。
17時過ぎにサンティアゴに到着し、コメドールでピカポジョ休憩。


18時過ぎに帰宅し、水浸しの部屋の水掻き出し。
最初はモップで吸って絞ってたけど、1時間以上かかりそうな量だったので、水掻きワイパー使って、高い位置にある排水口へ掻きだす。(排水口が高い位置にあるのはドミ共家屋あるあるだと思う)
水掻きだしついでに部屋の掃除。

明日はハラバコアへ。