Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

5月30日(140日目:99日目)

活動99日目。

体調は日に日に改善傾向。

午前中、スペイン語系のサイトで油圧シリンダー関係の情報収集。

工業機械の油圧シリンダー関係は色々とあるけど、重機関係の油圧シリンダーの情報がなかなか見つからない。

検索の仕方が欲しい情報とはちょっとズレてるのかも。


途中、学科長の秘書さんへ書類を届ける為に偉い人達がいる建物へ。

掲示板があったので記録用に撮影。


ランチ。


午後、専門書読んでちょっと勉強。

構内を歩いてたら、駐車してる車のタイヤに子猫が隠れてたのを発見。

最近このすぐ近くの排水路に隠れて住んでる子猫。


活動後、ホストにchacabana(チャカバナ)店を紹介してもらう。

ホストに店名と住所のメモをもらうけど、字が崩れ過ぎてて解読出来ず。

ホストが時間あるとの事で、その店まで連れてってもらえました。

チャカバナとはドミニカ共和国の伝統的な正装です。

長袖と半袖の二種類があります。

私は長袖が欲しかったけど、試着してみたら一番小さいSサイズでも着丈がちょっと長くてサイズが合わない感じ。

店員さんもちょっと長いって言ってたから、感じる印象はドミニカ人からしても同じの様だ。

なので丈が少し短い半袖を購入。

約1300ペソ(約3500円)。


チャカバナは公式行事でも着る事が出来て、スーツの様にジャケットを着る必要が無いので暑いドミニカ共和国では便利なんじゃ無いかなって思ってます。

私が紹介してもらった店は、実際にはチャカバナ工場で、そこで直販もしてるって方式なので一般的な店で買うよりは安く買えるとの事。

連れててもらった工場兼店には看板も無かったから、教えてもらわなければ出会う事のなかった店。

ホストには感謝です。

高いチャカバナだと4000ペソ位する物もあるらしい。

結局はピンキリだけど。

正装なので普段着る事も無いし高価な服だから、ドミニカ人でも多数持ってる人は少ない様です。

メーカーよってもデザインが違うから、他のメーカーのであれば私の身長でもちょうど良い丈の長袖チャカバナがあるかも。


ホストに風邪引いた時はレモン飲むのかを質問しかのがキッカケでオレンジと謎の風邪薬をもらった。

とりあえずオレンジはありがたく頂いたけど、謎の薬はカプセル薬でバラでジャラジャラって何個か渡されたから、全く謎の風邪薬。

「日本人にドミニカの薬は強過ぎる」って言ったら、「これはアメリカのだ」って。

どっちにしても日本人には強そう。

とりあえず飲むのは保留。


夜、楽しみにしてたプリズンブレイク。

何と、今回が最終回。

結局、脱獄した後の3回しか観てない。

最終回は話す量とペースが早くて字幕の理解度が全く追いつかなかったから、映像で会話を想像(笑)

話のオチを付ける為にサブキャラを不幸な結末にするのは残念な展開だった。

ティーバッグ達が切な過ぎ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。