Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

12月12日(335日目:293日目)

バカシオネス4日目。

任国外旅行初日。

午前中は荷物の最終確認してゆっくりと部屋で過ごす。

12時に予約してたタクシーが12時前に来たのでちょっと早めの出発。

家から空港まで約30分。

12:30前に到着。

出発は15:54、どこかでランチ食べようかと思って、空港のピザの値段を聞いたら一切れ200ペソ。

ボリ過ぎだろ!(笑)

なので外のコメドールへ。

空港前だからか、コメドールも強気な値段設定の175ペソだった。


ランチして、一休みして、2時間前位にチェックイン手続き。

スペイン語だし、経験ほぼ無いし、意味不明だけど何とかなった。

やっぱり何とかなるもんだね。

書類記入はグダグダだけど。

CAの自己判断で英語版の書類渡してきたけど、英語よりスペイン語の方がまだ読める。


飛行機に揺られる事、約2.5時間。

途中、食事の提供も。

2.5時間でもでるんだね。

私の前でハンバーガーが無くなったので強制的にエンパナーダ。


パナマ海峡付近の海は茶色かった。

時差が約−1時間あるから、18時頃に到着。

空港内に水飲み機械があって驚いた。

ホテルの直送配送に乗ってホテルへ。

迎えに来てくれたオーナーさんには名前だけでは男女が分からなかったって言われた。

確かにスペイン語圏は名前の最後がaは女性が殆どだから、Akiraは男女どっちだかわからないかも。

「配送予約のやり取りした時のスペイン語は上手かったけど、あんまり喋れなのかな?」ってエグいツッコミを受ける(笑)

ホテルのすぐ目の前には大きなモール。

パナマの中心部はもう途上国では無いってのをつくづく体感。

ホテルまでのトランプタワーなどの高層ビル群が沢山。

ホテルのすぐ目の前には大きなモール。

ホテルに聞いたら治安的に夜の移動も大丈夫との事でモールに行ってみる事に。

ドミ共だったら各地にショットガン持った警備員がウロウロしてるけど、パナマシティは皆無。

せっかくパナマに来たんだからパナマビールでも飲もうと思ってフードコートに行くも、ハンバーガーのファストフード店やカフェテリアばかり。

ビール飲んでる人は皆無。

仕方ないから周りを散策するもドミ共の様なコルマドもある訳でも無く、バーも静かでなんか入り難い。

ドミ共に慣れ過ぎて先進国系の店に抵抗感が備わってしまった(笑)

ミニスーパーも綺麗。

当然、セルベッサもロンも売ってない(笑)

仕方ないのでクッキー買って、ホテルの冷蔵庫のパナマビールを頂く事に。

とりあえずライトとノルマルの飲み比べ。

個人的にはプレジデンテの方が好み。


ドミ共では毎日聴いていたクソうるさい車のクラクションも、音楽も、パナマでは皆無。

今のところ、ドミ共人の方がフレンドリー感を感じる。

そして、ドミ共人の様にやたらと太ってる人も居なければ、ビチビチの服着てボディラインの自己主張してる人も居ない。


ホテルにWi-Fiあるけど、私の部屋には微かにしか届いてなくて、部屋ではネット使えない。

なのでロビーに居座る。

個人経営の小さなホテルなので、私がロビーに居座っている事にちょっと気を使わせてしまっていたのがちょっと申し訳なかった。


①パナマビールでパナマ気分。

②飛行機の影響で耳が痛い。

③旅の始まりはいつもドキドキで楽しい。


①Sentí Panamá en la cerveza de Panamá.

②Me duelen los oídos por influencia de la avión.

③El comienzo de un viaje es alegre y agradable siempre.

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。