Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

8月31日(233日目:192日目)

活動192日目。

午前中、パワポの説明図の色塗り。

マウスも持ってきたからサクサク進む。

一通り完成してパワポに貼り付け。

後は補足コメント考えよう。

教えるのって準備が沢山。

先生や指導者って職業を尊敬するわ。

休み時間に金物屋さんに行って網戸用のネットを物色。

私の部屋の窓のサイズは1.5m×2.1m、金物屋さんにあった日本の網戸でお馴染みのネットは幅1mからの量り売り。

店員さんに相談したら奥の倉庫から幅1.5mのネットを見つけてきてくれた。

見つけて来たニーチャン店員は自分から「Perfecto!(完璧だ!)」って物と自分に対して自画自賛。

日本にはこんな自己主張する店員居ない(笑)

ドミ共のこんな自己主張する所は何か好き(笑)

素材は金属系ではないけど使うのには問題なさそう。

店員のカットは適当でカットラインが曲がっていたり長さが合ってなかったりするので2.5mで、ドリルビスを28個購入。

合計235ペソ。

お釣りの小銭が無いとかで、50ペソ札1枚に1ペソ硬貨15枚。

なかなか使わない1ペソ硬貨を15枚ってかなりかさばる(笑)

ついでに木材コーナーでネットを取り付け為の薄くて細長い材木を物色。

完全に廃材的な切れ端を見繕って、店員さんに値段を聞く。

案の定、「タダで持ってけ」って事だったので、ありがたく頂き、店員さんに「貴方への私の気持ちだ」って言ってさっきの15ペソをポケットから取り出し全部あげる。

これで週末に部屋の窓に網戸付ける事が出来そう。

材木は長さ的に足りないけどとりあえずやってみよう。

(帰宅してからネットのサイズ測ったら、2.4mで斜めにカットされてたから実際に使えるのは2.3m位だった。)


ランチ。


午後からは新入生の座学見学参加。

内容はFísica(物理)。

重さの単位のKgやLibra、力学のN(ニュートン)の話。

ニュートンの話では、ニュートンって人がリンゴが落ちた事から発見したとかの話題から、「ドミ共だったらココナッツだね」とかのドミニカンジョーク挟みながら話してた。

ニュートンの経緯知らない生徒さん達からしたらこのジョークがピンと来なかった様で、ほぼウケてなく、先生もウケなくて密かに寂しそうだった(笑)

職業訓練所で重さの単位から教えるとか、このの学校教育事情に対して色々と考えさせられる。


帰宅後、すぐ角のプラタノ売ってた家でトラック出して何か売ってたから覗きに行く。

トラックの荷台にはアボカドが大量に積まれていて、しかも1個10ペソとかなり安い、まだまだカチカチで食べ頃までに数日かかりそう。

顔馴染みになる為にもとりあえず2個購入。

その後、日本語教室へ。

教えるボランティア隊員も生徒さん達も増えてきたので、レベルごとにクラス分けして行こうって案が出る。

スペイン語が出来る人は初級者クラス担当で、出来ない人は日本語も話せる上級者をって事で、私は上級者クラスを担当。

初級者クラスは文法の説明などをスペイン語でしなければならないのが多いので、初級者クラスになるほど教えるのはより難しい。

今回の上級者クラスは日本の家の部屋の名称。

台所、食堂、居間、寝室、風呂場、トイレ、洗面所、ベランダなど。

ドミ共は"Baño"に風呂、トイレ、洗面所がセットであるのに日本はなんで別々なのかとか、バスタブにシャワーがなくて体を洗う時はバスタブの外だとか、名称+異文化理解の質問があるから上級者クラスは違う意味で難しい(笑)

帰宅後、ささっと米を1合炊き、最初は白米のみ、次は塩ご飯、最後に醤油と胡麻油の味ご飯と雑な体育会系飯を食べて、五円玉キーホルダーを数個作り就寝。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。