Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

9月6日(239日目:198日目)

避難初日。

朝食に昨日の残り半分のプラタノを食べる。

朝からプラタノは私にとっては正直重い。

この国では朝食にプラタノは当たり前だろうけど、消化する事自体に無駄なエネルギーを使ってしまってそれだけで疲れそう。

食後、避難生活用の身支度をして、出発前に近くのコルマドに飲料水を買いに行く。

今日も水は届いてない。

近くに他に2件のコルマドがあるからそっちにも行ってみるも、やはり水は売り切れ。

やっぱり皆んな考える事は一緒だなーって思った(笑)

無い物は無いから、帰ってきてから考えるよう。

バスターミナルに行く前に携帯ショップへ寄って、ポケットWi-Fi代を支払う。

先月より約100ペソ値上がりされてたけど、その説明は無し。

事前に同期隊員から聞いていた事で、100ペソ値上がりされてるけどその分パケット量が2倍になるとか。

スタッフに「先月より100ペソ増えてる」って言ったら、なにやら内容を説明されたけど殆ど聞き取れなかった。

けど、その分20GBになってるってのは聞き取れた。

先月は10GB超えて、速度制限掛かりながら約15GBを使用。

今月は初日から1GBの大量使用したけど、速度制限掛からない範囲内でやり過ごせそうかな。

バスターミナルには10時前に着き、チケット買ったら10:00のチケット。

既にバス来てるし。

直ぐにトイレを済ませバスに乗り込む。

後から聞いた話で、11時にチケットを買いに来た同期隊員は早くて14:30のチケットだったらしい。

混む直前に購入出来て良かった。

11:30頃に首都に到着し、バスターミナル迄は乗らずに途中の地下鉄駅の目の前で降りて、地下鉄に乗りJICA事務所から1番近くの駅まで行く。

駅からJICA事務所までは徒歩約10位。

JICA事務所は昼休み中なので、途中でランチして時間調整。


1時過ぎ頃にJICA事務所に到着して、姉から送ってもらった荷物を引き取る。

今回は箱は切られる事なく綺麗な状態で届いた。

毎回、直ぐに対応してくれる姉には本当に感謝。

しっかりパッキングしつつもg単位で出来うる限りの安い送料に収めてくれてる。

今回の中身は、活動や日本語教室で使う為のB5サイズのホワイトボード、本、革用糸、五円玉、箸、餅、きな粉、カレールウ、靴、おまけに入れてもらった御守り等。

靴はVibramのfivefingers。

フィッティングした事ないからネットで測定方法をチェックして想像でW39を選んだけど、合わせてみたら裸足でちょうど良いサイズだったから良かった。

これで普段の運動や海でのウニにも対応出来る。

トゥとヒールにもラバー張ってあるから、ロッククライミングにも普通のスニーカーよりも対応出来そう(笑)

エアクッションを抜いて一箱にまとめてザックへ。

そして、JICA事務所内のボランティア隊員用パソコンで今作ってるパワポを印刷。

パソコン持って来て内容確認の作業したかったけど、日本からの荷物を持ち運ぶ都合上パソコンを持ってくるのは諦めたから、プリントアウト出来て良かった。

その後、JICA指定のホテルにチェックイン。

明日木曜日にハリケーンがドミ共を通過するとの事で、今日の夜から明日一日は外出禁止。

明日はJICA事務所も閉鎖。

金曜日の外出解除は金曜日の午前中の状況で判断するとこ事なので、近くのスーパーで水と食料買い込む。

そしてホテルの隣りのコルマドで隊員達とビール飲みながら夕方頃まで談笑。

夕食は食べずに、夜は以前日本から送ってもらった文庫本を読んで過ごす。

紙で活字を読むのは久しぶり。

内容も興味深く、サクサクと読み進んでしまう。

一気に50ページ程読んでしまった。

このペースで行くと明日の半日で読み終わってしまいそう。

ちょっとペース配分しよう。

今のところ、夜の天気は小雨位。


①部屋用の飲料水は買えなかったけど、その分は誰かが買う事が出来た。

②日本からの物資引き取りして、これからの生活の楽しみアップ!

③引きこもりだけど、久しぶりの読書開始。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。