Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

1月30日(384日目:342日目) 感動

感動


昨日までの雨模様が嘘のように、いきなり暑い。

昨日からこの天気なら昨日の朝にランニング出来たのに。

今日は自病になってる右股関節痛がやたらに痛い。

特に内転方向へ動かすとクソ痛い。

しばらく安静かな。


午前中、靴縫製科の実習場前で股関節動かして調子みてたら、生徒さんから声を掛けられる。

(朝イチの靴縫製科の実習場前は、人も人通りも特にないから、私がのびのびとスレッチする場所になってる。)

「靴縫製科の生徒さんで授業を受けに来たけど、実習場が閉まってる」って。

確かにシャッターは閉じてる。

けど、中は電気が点いてるのは窓の隙間から見えたから、裏側からの入り口へ案内して中に入る。

そしたら授業をしていて、久しぶりに靴縫製科の先生と再会。

今までずっと夜のクラス担当になっててしばらく会ってなかった。

先生も私も久しぶりの再会に喜び。

「実習場の前を通ったら寄りなさいよ!」って言われた。

慕われてるって良いね。


整備科の事務所に戻って、ひたすら日本語教室の資料作成。

英語も入れると作業時間が増えるけど、先生達の為にもなるし、自分の頭の中の整理にもなる。

資料作成の合間に日本語学習向けの動画探し。

そしたら、日本語学習者向けの動画を発見。

日本語音声、日本語字幕(ノーマル&ローマ字)、英語字幕の3種類の同時字幕付き。

全19回、1回が5〜6分位だから時間的にも程よさそう。

英語字幕だけど、先生達は英語も勉強してるから、この際同時に英語も勉強してもらおう。

まぁ、日本語ローマ字字幕を追うのでいっぱいいっぱいになって、英文読んでる余裕は無いと思うけど。

一緒に見る私は英文読んで、しっかり英語の勉強をしよう(笑)

今から帰国までにクラスは多くても40回位だから、同じのを何回か復習して利用すれば全19回でも十分な量。

配属先の遅いネットを使ってチマチマとダウンロード。


ランチ。

新しいコメドールへ。

付け合わせのbatata(さつまいも)の美味しさに感動。

今まで食べたドミ飯の中で1番優しい味で美味しい。

ドミ飯は素材の味を殺す味付けが多いから、何食べても油と調味料の味がほとんどだけど、このbatataはシンプルな調理でさつまいもの甘さがしっかりと堪能出来た。

付け合わせは毎回変わるだろうけど、このbatata食べたさに毎日来たい位の衝撃と感動。


午後も、動画ダウンロードを待ちつつ、待ち時間に資料作成。

何とか定時までに全19回をダウンロード成功。

まぁ、ダウンロード完了しても途中の通信エラーでデータ壊れてるのが発生したりするから、全部の確認が必要だけど。


帰りはいつものドライバーが体調不良で早退したから、違う人。

同乗者が2人居て、2人とも途中のスーパーで降りて買い物に。

私を送迎してからまたスーパーに寄って2人を拾って送迎するっぽい。

ドライバーに「¿Después de llevarme, otra vez viene allí para recoger?」って質問したら、

「¿Tú compras hay?」って答え。

もうスーパーから立ち去ってるし、状況的には「¿Quieres comprar algo allí?」って回答が標準のスペイン語テキストだったらありそうだけど、やっぱり人それぞれ。

そんなに丁寧に言う人なんてここにはいないし。

“¿Podría 〜?”とか、“¿Quisiera 〜?”って使ってるの私以外に見た事ない(笑)


帰宅して、昨日作ったあずきアイスの確認。

無事固まってた。

ちょっと固すぎかもしれないけど、固まって良かった。

味見したら、あずきバーアイスの味の再現に成功していた。

よっぽどの和菓子好きの甘党でもなければ、ドミ共であずきバーアイスの味の再現実験をしようとは思わないだろう(笑)

レシピも手順も感覚だったけど、感覚で覚えたからいつでも作れる。

日本に居た時は完全にこしあん派だったけど、ここに来て自分であんこ作って裏ごしとかやってたら、あんの中のにある豆の皮の食感とか奥ゆかしさに気付き、粒あんがすごく好きになった。

来月辺りに先生の都合が付けば、先生宅にお呼ばれしてカレー作ってご馳走してあげようって思ってるから、その時にこのアイスも持って行こう。

ドミ人には砂糖が足りな過ぎな味だけど。


味見後、マット敷いて股関節動かして調子確認。


その後、夕飯食べながら今日ダウンロードした動画のバグ確認。

飛ばし飛ばしの確認だったけど、とりあえずバグはなさそう。

動画の取材地は仙台、見慣れた街並み、インタビューに答える人達がたまにだす東北訛りを見ると何かホッコリする。


日中は久しぶりに暑くなったけど、やっぱり夜は寒い。


①あのコメドールのサツマイモ料理にハマった。

②今は更に学ぶよりも、頭の引き出しを整理する必要があると感じた。

③アビチュエラ(赤インゲン豆)を使って、あずきバーアイスの味の再現に成功!


①Me encantó la comida de la batata de aquel comedor.

②Sentí que era necesario que ordenara en los cajones de mi cabeza por separado en inglés y español antes de aprenderlos más por ahora.

③¡Logré reproducir el sabor del helado”Azuki-bar” con habichuelas!


①I was fascinated by that restaurant's sweet potato dishes.

②I felt it was necessary to order in the drawers of my head separately in English and Spanish before further learn them for now.

③I managed to reproduce the taste of the ice cream “Azuki-bar” with red beans(habichuelas)!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。