Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

5月11日(485日目:443日目) El abso de la autoridad

El abso de la autoridad


午前中、カウンターパートがニワトリ小屋を車に載せるのを生徒さん達にフルパシり、自分では決して何もやらない。

カウンターパートのスズキ車がガス臭いとかで先生が点検。

ガスラインの接合部に水掛けてガス漏れ点検。

そして、燃料噴射のMAP確認。

噴射量を任意に変更出来るらしい。

ガスモードの時はMAP上を動くカーソルが緑色、ガソリンモードの時は赤色。

先生のパソコンがいつの間にか新しくなっていて、その事を聞いたら、NYに行った時に買ってきたんだとか。

因みに、ラジエターのアッパーコアが割れていて、亀裂から水漏れしてた。


鈑金塗装科の実習場にチェロキーのフロント部分と左側Bピラー部が搬入されてきた。

今まで散々、切ったり、溶接したりして継ぎ接ぎしてたけど、結局はフロント部をカットして丸々交換するらしい。

搬入されたフロント部の価格は1万ペソ(約22000円)。

因みにドア1枚は5000ペソ(約11000円)らしい。

このチェロキーもカウンターパートの車。

仕事はしないけど、役職についてるから金は持ってる。

フロント部を切って繋げるとか、この国の鈑金技術レベルでは絶対に信用出来ない。

私が市役所職員さんの車の鈑金塗装を依頼した時は、「授業カリキュラムに無いから出来ない」とか言って作業拒否してたけど、こんなフロント部カットして交換する作業の方がカリキュラムには絶対無いと思う。


昼休み、

スペイン語授業を受ける。

相変わらずネット状況が悪い。

福島の原発の事を聞かれ、「解決までには100年位掛かる」って伝えたけど、100年位ではまだまだ収束しないか。

まぁ、ドミニカ人のポイ捨て文化の改善よりも、福島原発の収束の方が早く解決するだろう。

テキスト内容は点過去、線過去。

授業後にランチ。


午後、

トヨタ車のロアーメンバー交換。


午後の先生に直接相談して、来週に5Sの授業する為の授業時間を分けてもらえる事に。

簡単な内容でトータル2時間、月曜日と木曜日にそれぞれ1時間ずつ行う事で話はまとまった。

結局、カウンターパートは会議での口先だけで、授業時間のコーディネートは全くしなかった。


活動後は日本語クラスへ。

先週、私が全て翻訳して台本を完成させたのに、この1週間スピーチ練習を全くしてなかった。

先週の授業の時に、制限時間5分でスピーチ出来るか確認しておくように言っておいたのに、結局何もしてない。

台本の翻訳も一切自分でやらない、練習もしない、スピーチコンテストまであと9日、いつから練習始めるのか知らないけど、まぁ頑張ってください。

最終的には因果応報。

自分から授業依頼して来てるにもかかわらずやる気無がないとなると、わざわざ時間割いて授業してるのが馬鹿馬鹿しく思えてきた。


とっとと帰宅して、もう1人の出場生徒さんの台本の最後のパートの日本語翻訳内容の確認。


①職権乱用でしょ。

Creo que mi contraparte está abusando de la autoridad aquí.

I think my counterpart is doing the abuse of authority here.


②日本より難しい事してるけど、完成度が低いから、技術力も低い。

Están trabajando más duro que Japón, pero el grado de perfección es bajo, por lo que la fuerza técnica es baja.

They are working harder than Japan, but the degree of perfection is low, so the technical force is low.


③頼んできておいてやる気ないならそれまでだね。

A pesar de pedirme de estudio, si no tienes entusiasmo, te eliminaré de mi plan.

Despite you are asking me to study, if you don't have enthusiasm, I’ll eliminate you from my plan.

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。