Vision of Life

青年海外協力隊(2016-3次隊)
2017年1月から2年間、ドミニカ共和国で自動車整備隊員として活動中。
日々の出来事をdisりながら記録に残してます。

10月29日(656日目:614日目) Hubo una huelga en Santiago.: ストライキ。

Hubo una huelga en Santiago.: ストライキ。


今日はサンティアゴで公共交通機関が燃料代引き上げ反対のストライキ。

配属先は関係無いので、配属先の送迎を待つ。

でも、待てども一向に来ない。

面倒だから自分で行こうと思っても交通機関が動いてないから、運転手さんに電話で確認。

そしたら、"今日はストライキで来てる生徒も少ないから家で大人しくしてな"って。

って事で、今日は配属先に行かない事にして、家で授業で使う資料準備。

ネットが遅いから、ダウロードを待ちながら帰国に向けての荷物整理。


ランチはいつものコメドールへ。


午後、

荷物の仕分けして、歯医者へ。

こんな日に限って予約日と被ってしまったので、日差しの強い中歩いて行く。

交通量も少ないし、渋滞の要因になってる乗合タクシーが走ってないので通りは静か。

約30分強掛けて行ったら、なんと閉まってた。

ストライキだからって特に関係ない医療関係すら便乗して休みにしちゃう辺りがドミ共。

しかも臨時休業の連絡もないし。

電話しても当然応答無し。

家出る前に確認すれば良かった。

クッソ暑い中歩いて体力消耗しただけになった。

今日のブログの取れ高アップの為に、通り道の市役所の写真をとりあえず撮る。

帰って一眠り。


夜は明日のスペイン語授業の予習。


この国は仕事の納期なんてあってない様なモノだから、ストライキで公共交通機関を1日間止めたところで、困るのは車を持ってない一般市民なだけで、車持ってる人達は普通に移動出来て、逆に渋滞が無い分スムーズだし、このストライキによって政府の情勢には特に損害も受けてなさそう無さそうだし、メッセージ性の薄いストライキだなって感じた。

昼間っからコルマドでビール飲んでるオッサンも居るから、ストライキで仕事行けない人達にとっては臨時休暇的な感じだろう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。